2022年 5月 29日 (日)

コロナワクチン買いすぎでは アストラ「不人気」でもノババックス追加

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスのワクチンについて、「費用対効果」を問う声が出始めている。これから何回の接種が必要で、そのためにはどれだけの量を確保すべきか――。

   巨額のコストがかかっているにもかかわらず、オミクロン株では接種の遅れなどで十分な成果を発揮できなかった。一部の不人気ワクチンは、大量購入の契約をしたものの、使用のアテがなく、キャンセルしたことが明らかになっている。

  • 一部の不人気ワクチンは、使用のアテがなく
    一部の不人気ワクチンは、使用のアテがなく
  • 一部の不人気ワクチンは、使用のアテがなく

2兆円を超える購入費

   朝日新聞は2022年4月8日の朝刊で、「ワクチン 費用対効果は」という記事を掲載している。

   それによると、政府はこれまで、予算の予備費から計2兆3356億円を5回に分けて使い、1~4回目の接種用の計8億8200万回分のワクチンを購入してきた。

   内訳はファイザー社製が3億9900万回分、モデルナ社製が2億1300万回分、英アストラゼネカ社製が1億2000万回分、米ノババックス社製が1億5000万回分だ。

   購入費を購入量で単純に割ると、1回分のワクチン価格は平均2648円となるという。

   ファイザー、モデルナ両社製の使用状況は、1~2回目の余りは3回目に活用中だが、3~4回目の接種率が低いままだと大量に余り、有効期限9か月を迎える可能性がある。

   ノババックス社の1億5000万回分は、今月18日に薬事承認され、主に3回目に使う予定だが、どれだけ接種希望者がいるかは厚労省も見通せていない、と同紙は報じる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!