2022年 5月 17日 (火)

■皐月賞「カス丸の競馬GI大予想」
2歳王者、ドウデュースは勝てるか?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今週は牡馬(オス馬)のクラシック1冠、皐月賞(2022年4月17日、中山競馬場、芝2000メートル)だじぇい。先週の桜花賞は7番人気のスターズオンアースが勝って、これで高松宮記念以後のGI優勝馬は8番人気、8番人気、そして7番人気と大荒れだじぇい。今週も荒れるきゃすう? 皐月賞は過去10年では1番人気が3勝してるけど、7~9番人気も3勝と並んでるじぇい。今週も7、8番人気がくるかもしれないきゃすう。穴狙いはカスヨ姉さんの出番だけど、カスヨさんはまったく不調続きだじぇい。本命◎はアスクビクターモア、人気の一角きゃすう。また、はずしそうだじぇい。

ドウデュース盤石の理由は

   カスヨ そうでもないのよ、カス丸。アスクビクターモアはお望みどおり、ちょうど7番人気ぐらいじゃないかしら。同じコースの弥生賞ディープインパクト記念(GII、中山2000メートル)では、無敗馬のドウデュースに土をつける結果を残した実力馬なのにね。タイムもこの10年ではマカヒキの1分59秒9に次ぐ2分00秒5と優秀だったわよ。弥生賞は皐月賞よりも途中のペースが遅くなりがちなんだけど、ちゃんと時計も出したってことは前哨戦としてよかったと思うわ。それに中山芝2000メートルは3戦3勝と負けなしで、コース相性はぴったしよ。ダノンベルーガ、イクイノックス、キラーアビリティ、ドウデュースといった素質馬が多くそろうため人気はヒト桁後半になりそう。でもね、好位からレースを運べるセンスがあるから、持続力のある末脚も魅力。マークが薄れる今回、あっと言わせるのはこの馬よ。

   カス丸 ふーん、確かに中山巧者であることは間違いないきゃすう。でも、弥生賞を勝って皐月賞を勝った馬は過去10年でゼロだじぇい。この高い壁をどうするきゃすう? ガジュマル爺の本命◎は相も変わらず1番人気候補のドウデュースだじぇい。

   ガジュマル爺 ふん、何が言いたいんじゃ、カス丸。今週は荒れんぞ。ドウデュースがチンピラ穴馬を蹴散らすわい。ドウデュースは3戦3勝でGI、朝日杯フューチュリティステークス(阪神1600メートル)を制し、2021年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した実力馬じゃ。前哨戦の弥生賞は初の中山コース、初の2000メートルで、勝ったアスクビクターモアにクビ差の2着に敗れたが、今季の初戦であることを考えれば、叩いた上積みが期待できるというもんじゃ。コンスタントに34秒台の末脚を繰り出せるのは魅力じゃ。鞍上の武豊騎手はデビュー戦から乗り続けていて、勝てば2005年の3冠馬、ディープインパクト以来じゃ。名手の手綱で、2歳チャンピオンが「王道」のローテーションをきちんと守ってレースに臨むのじゃから、ここは◎本命、盤石のはずじゃ。

   カス丸 競馬に絶対も盤石もないことを教えてくれたのは爺だじぇい。どうなってるきゃすう? さて、対抗はカスヨさんがこれも人気になりそうなデシエルト、爺はオニャンコポンだじぇい。

   カスヨ デシエルトはデビューからダートで2連勝後、初芝の前走、若葉ステークス(リステッド、阪神2000メートル)ではスピードの違いでハナに立つと、稍重の時計がかかる馬場を苦にせず鮮やかな逃げ切り勝ちを収めたわ。500キログラム前後のパワフルな馬体も迫力は十分で、春の中山最終週の荒れた時計がかかる馬場は、この馬の能力を最大限に発揮できるわよ。ダート2連勝ということもあり、前走をフロック視されている今回は最大のねらい目かもしれないわね。

   ガジュマル爺 わしのオニャンコポンは馬名が敬遠されてか、勝っても人気にならないから穴党には魅力じゃな。4戦3勝で、唯一負けたのが暮れのホープフルステークス(GI、中山2000メートル)。11着と大敗を喫したが、新馬戦(中山2000メートル)-百日草特別(1勝クラス、東京2000メートル)を連勝。そのローテーションは昨年の皐月賞馬エフフォーリアと同じ。前走の京成杯(GIII、中山2000メートル)は、それまでの先行して好位につけるレースから、4コーナー10番手(16頭立て)から豪快に差し切る脚を披露するなど新しい一面を見せたんじゃ。父エイシンフラッシュも京成杯からこのレースに臨んで3着。日本ダービーへの出走権を確保したのち、その日本ダービーで優勝。父と同じローテーションで上位人気馬にひと泡吹かせるはずじゃ。

   カス丸 先週の桜花賞同様、今週も伏兵だらけだじぇい。この伏兵の中に今週も勝ち馬がいそうな気がするきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!