2022年 6月 29日 (水)

スマホOS寡占に政府懸念 アップルとグーグルに挑んだメーカーの今

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

かつて世界一だったスマホOS

   スマホ以前の携帯電話では、世界シェア首位だったのがフィンランドのメーカー・ノキアだ。「ガラケー」と言われる従来型の携帯電話の時代から、「Symbian(シンビアン) OS」を使用していた。2011年5月20日付の日本経済新聞は、前年のスマートフォンOSの市場シェアで、シンビアンが1位だったと伝えている。

   しかし同記事は、2011年2月にノキアがシンビアンを「捨てる」決断をしたと言及。「米マイクロソフト(MS)との提携により、MSのスマートフォンOSを優先して使い、さらに両社がOSを共同開発すると発表」したことを報じた。かつての世界一OSも、2022年の今では見る影もない。

   米モジラの「Firefox OS」も、かつて存在した。2014年にはau(KDDI)から「Firefoxスマホ」が登場したが、16年に開発終了と、CNET Japanが同年2月8日に報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!