2022年 5月 24日 (火)

「ギャルピース」時を経て大復活 アイドル「IVE」レイが再ブームの口火

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   昔懐かしのポーズが、ちょっと変わって再ブーム? 世界では「Y2K(2000年代)ファッション」が最近注目されているが、日本でも平成のギャル文化が復活、またも流行しているもようだ。

   ローライズやルーズソックスなど、20〜30年前のファッションが再び注目を集める中、「ギャルピース」と呼ばれる、日本発祥とされるポーズもまた、流行の兆しを見せているという。

  • 韓国のガールズグループ「IVE」のレイさん(左)。右はメンバーのイソさん(写真:AP/アフロ)
    韓国のガールズグループ「IVE」のレイさん(左)。右はメンバーのイソさん(写真:AP/アフロ)
  • 韓国のガールズグループ「IVE」のレイさん(左)。右はメンバーのイソさん(写真:AP/アフロ)

「ポーズがちょっと違う気がする」

   実は「ギャルピース」が今、はやっているのは韓国だ。腕を体の前方に伸ばし、逆さ向きにVサインをするポーズを指す。

   このポーズは、人気インフルエンサーのkemioさんが動画のオープニングに行なうなど、近年日本でも使われてはいた。だが、大流行していたわけではない。それがなぜ、韓国で――。

   火付け役は、韓国のガールズグループ・IVEの日本人メンバー、レイさんだ。IVE は2021年12月にデビューしたばかりだが、注目度は高い。レイさんが「ギャルピース」した写真を2021年12月7日に公開後、韓国のアイドルが同じポーズを取り入れ、写真をSNSにアップするケースが増えたのだ。

   韓国での報道によると「1990年代に日本で流行ったピース」。ただ、インターネットで探しても、当時全く同じポーズがはやったという情報は見当たらない。ツイッターでも、「やっていた」「少し違う」と、意見が分かれていた。

   当時10代だった複数人に聞いたところ、皆「ポーズがちょっと違う気がする」。話を総合すると、当時の流行は「eggポーズ」と呼ばれるもの。腕を体より前方に伸ばし逆さ向きに手のひらを開く、あるいは「ピースサイン」を顔の真横に添えるのだ。その際、さまざまな向きのピースサインがあったという。これらが混ざって、レイさんの「ギャルピース」と同じポーズを当時やっていた人がいた可能性はある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!