2022年 7月 7日 (木)

電動キックボードの規制ユルユルに 免許不要ノーヘルで交通事故増が心配

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

現在は様々な規制

   警察庁のウェブサイトによると、電動キックボードとは、キックボード(車輪付きの板)に取り付けられた電動式のモーター(定格出力0.60キロワット以下)で走行する乗り物。道路交通法と道路運送車両法上の原動機付自転車に該当する。

   したがって、電動キックボードの運転には現在、以下のような規制がある。

・原動機付自転車免許が必要。車道通行、ヘルメットの着用義務等がある(無免許運転の罰則:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)
・制動装置、前照灯、後写鏡等を備えていること(整備不良車両運転の罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)
・自賠責保険(共済)の契約をしていること(無保険運行の罰則:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)
・区市町村税条例で定める標識(ナンバープレート)を取り付けていること

   同庁はさらに「販売する方へ」と題し、電動キックボードを販売する際には、「上記の点について丁寧にユーザーに対して説明してください。『運転免許がなくても公道で乗れる』などの虚偽の宣伝や説明をすると、刑事責任を問われる場合があります」と警告している。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!