2022年 5月 20日 (金)

「ロックダウン」上海より悲惨な街 160日封鎖された国境都市

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   中国でオミクロン株の感染が拡大し、春先から大都市が次々とロックダウンしている。トヨタ自動車の合弁工場がある吉林省長春市、アジアのシリコンバレーと呼ばれる広東省深セン市、そして3月末からは人口2500万人の上海市が封鎖され、今なお外出制限が続く。

   こうした大都市のロックダウンは市民が多く、経済への影響も大きいため世界で報じられている。だが、ゼロコロナ政策の下、さらに長期間封鎖されている「忘れられた」都市が国境付近に点在していることはあまり知られていない。

  • ロックダウンが続く上海のビジネス街には、人の気配がない(写真:ロイター/アフロ)
    ロックダウンが続く上海のビジネス街には、人の気配がない(写真:ロイター/アフロ)
  • ロックダウンが続く上海のビジネス街には、人の気配がない(写真:ロイター/アフロ)

市民の半分が流出

   ミャンマー国境に接する雲南省瑞麗市。タイ族系ルー族、チンポー族など少数民族が暮らし、平均最高気温が30度を超える。ミャンマー、タイ、インドなどのカルチャーが融合した「ほぼ東南アジア」といっていい小都市だ。

   東南アジアとの貿易拠点でもある同地は、新型コロナウイルスの流入リスクも高い。感染者が増加する度に封鎖され、現地メディアやSNSによると2020年から現在まで、ロックダウン回数は9回、封鎖日数はのべ160日以上にのぼる。衛生当局の発表で分かる限り、全市PCR検査は130回以上実施された。

   市民の多くは貿易業に従事しており、封鎖は死活問題だ。読売新聞の報道によると、2021年11月には生活支援を求めるデモが発生した(中国でデモが起きるのは非常に珍しい)。

   商売ができなくなった人々は他省に移ったり、職業を変えたりした。また、学校の登校停止も長期化し、子どもの教育のために市外に転居する家庭も少なくない。直近の今年4月18日の全市民PCR検査に参加したのは約19万人。昨年4月13日の全市民検査では38万人が受けているというから、1年間で約20万人が瑞麗市を去ったと推定できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!