2022年 8月 12日 (金)

「iPod touch」完全終売へ iPhoneと少し違った役目果たした歴史

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   米アップルの音楽プレーヤー「iPod touch」が、現在の在庫限りで終売となる。基本ソフト「iOS」やタッチスクリーンが搭載された同機の初代モデルは、2007年9月に発売された。

   しかし米国では、同様の操作性を有するスマートフォン「iPhone」がこれに先駆け、2007年6月に発売。また日本では最初のiPhone機種として、翌08年7月に「iPhone 3G」が登場した。機能が重なる中、iPod touchはどのような位置づけのデバイスだったのか。

  • iPod touchが市場から消える日 (写真はiPod touch)
    iPod touchが市場から消える日 (写真はiPod touch)
  • iPod touchが市場から消える日 (写真はiPod touch)

iPhoneより少し遅れて発売

   例えば「iPhone 4」(2010年6月発売)が、ソフトの処理などを行う重要な部品「Apple A4」チップを搭載すると、同年10月発売のiPod Touch(第4世代)でも「A4」を採用されるなど、性能面ではiPhoneの「後追い」が続いた。

   またSIMカードを経由してのインターネット接続機能や、「iPhone 6」などに搭載された指紋認証システムは有さず、さながらiPhoneの「廉価版」のような存在だった。

   半面、価格は安い。SIMフリー版iPhone 6は「16GB(ギガバイト)」モデルが8万6800円(税別、以下同)だが、翌年発売のiPod touch(第6世代)16GBは2万4800円。「A10 Fusion」チップを搭載した「iPhone 7」(2016年9月)は32GBモデルが7万2800円。同じく「A10 Fusion」が備わり、シリーズ最後の機種となったiPod touch (第7世代、19年5月)32GBモデルは2万1800円だった。

   携帯電話メディア「ケータイWatch」の2019年7月12日付記事で、ITジャーナリストの法林岳之氏がその需要について触れている。当時は第7世代のiPod touchが発売された直後だ。

   同氏が販売店などに話を聞いたところ、「低年齢層のエントリー端末として、一定の需要がある」との説明だったという。小中学生がスマートフォンを持つことを好ましく思わない親世代が、iPhoneのようにゲームや動画、アプリを楽しめるiPod touchを買い与えるようなケースだ。

サイゼ、ハンズで「導入」

   企業の社内システムに使用されることもある。富士通が自社サイトに掲載している、過去の同社業務事例の資料(2015年7月21日付)によると、ファミリーレストラン大手のサイゼリヤは全国1000店舗以上に無線LAN環境を設置。その上で、iPod touchを活用した注文システムを当時導入した。

   それ以前は専用のオーダー端末を使っていたが、導入・運用コストの削減と、店舗スタッフの負荷軽減を目的にiPod touchで注文を受けるようになったという。既存の専用オーダー端末は覚えることが多く、店舗スタッフに習得のための負荷がかかる。iPod touchであれば、スマートフォン感覚で操作ができ、負担を軽減できたとのことだ。

   2015年9月18日付「ITmedia」記事によると、生活雑貨を扱う「東急ハンズ」では、商品情報や在庫などを行う業務端末として同年9月までに全国の店舗でiPod touch約2300台を導入。

   これまでは「ハンディーターミナル」という端末を用いていたが、その価格は1台あたり10万円かかったという。iPod touchであればバーコードリーダー機能付きのアクセサリーを組み合わせても、半額以下のコストで済んだとのことだ。

   こうした企業で今も全国的にiPod Touchが使用されているかは不明だが、スマートフォンに似た性能を用いつつ低コストであるという点により、iPhoneとはまた違った立ち位置を有していたようだ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!