2022年 5月 23日 (月)

スマホゲーム早すぎるサービス終了 ゲームライターが指摘する「淘汰」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「テイルズ オブ」シリーズの新作スマートフォン向けゲームに、早すぎる終止符だ。「テイルズ オブ ルミナリア」が2022年7月20日でサービス終了すると、同作の運営チームが5月10日に発表した。21年11月4日のスタートから、わずか半年での終了告知だ。

   スマホゲームが「リリースから短期間でサービス終了」するのは、よくあることなのか。ゲームライターのタダツグ氏を取材した。

  • 2022年7月20日でサービス終了する「テイルズ オブ ルミナリア」
    2022年7月20日でサービス終了する「テイルズ オブ ルミナリア」
  • 2022年7月20日でサービス終了する「テイルズ オブ ルミナリア」

ゲームライターすら「ゲーム以外」に時間とられる

   結論から言って、「残念ながら、最近は『よくあること』になっている」とタダツグ氏。自身も、「ハマっていたゲームのサービス終了には数回立ち合い、看取ってきた」そうだ。

   ここ半年で、「開始から、1年足らずで終了したスマホゲーム」を、インターネットで探すと複数見つかる。例えば、以下だ。

終末のアーカーシャ:21年7月29日~22年2月14日
戦策三国志:21年12月1日~22年4月25日/サーバーに致命的な不具合が見つかり、「修正不可能」につき終了
三国志ロワイヤル アリーナ:21年4月6日~21年11月10日

   タダツグ氏は、知っている限りで、リリースからサービス終了まで非常に短かったゲームの一例として、「パズルキングダム」を上げた。14年12月21日に開始、12月25日に幕を閉じた作品だ。「いまや国民的パズルゲームである、『パズル&ドラゴンズ』との類似性が指摘されていました」とタダツグ氏が言う通り、人気作品の「パクリ疑惑」が浮上し、悪い意味で話題になった。

   ただ、先行作品の模倣を疑われて悪評が立ち、短い生を終えるケースばかりではない。スマホゲームが短期間でサービス終了する理由の一つには、「淘汰」があるとタダツグ氏は話す。

   スマホ普及に伴い、リリースされるゲーム数が増えたことで、ユーザーは自分好みの作品を選んで遊べる環境になった。それだけ「スマートフォンゲーム業界が成熟した」ことにもなる。一方で、

「忙しい現代社会を生きるなか、プレイできるゲームの数には限りがあるので、淘汰される作品が増えてしまうのは、至極当然だと思う」

   動画視聴や、マンガアプリなど、「ゲーム以外の用途で、端末を使用する機会が増えた」ことも、サービス終了作品が増える理由の一つになっていると見ている。タダツグ氏はこうもこぼしていた。

「なんといっても、ゲームライターを生業にする自分ですら、ゲーム以外に端末を使う時間が増えまくっておりますので......。」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!