上野のサウナ「スパリゾートプレジデント」閉店へ 愛好家「つらすぎる」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・上野のサウナ施設「スパリゾートプレジデント」が、2022年6月30日に閉店する。公式ツイッターやフェイスブック上で5月24日未明に発表した。

   JR御徒町駅北口から徒歩約3分の位置にある施設で、上野エリアのサウナ愛好家を中心に人気を博している。

  • 東京・上野の「スパリゾートプレジデント」 受付はビルの2階だ
    東京・上野の「スパリゾートプレジデント」 受付はビルの2階だ
  • 東京・上野の「スパリゾートプレジデント」 受付はビルの2階だ

上野唯一のスチームサウナ

   発表によると、閉店は「諸般の事情」により決定。「スパリゾートプレジデント」が提供する会員制ポイントサービスや「回数券」は払い戻しを行わないため、閉館までに使い切るよう呼びかけている。

   同店は、「炭酸カルシウム泉」に入れる大浴場やドライサウナのほか、公式サイトによると「上野唯一」というスチームサウナを設置。リクライニングシートのついた休憩コーナーや、レストランも備える。

   閉店の知らせに、ツイッター上ではサウナ愛好家から「つらすぎる」などと惜しむ声が続出している。

姉妹サイト