2022年 10月 2日 (日)

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン 「LDAC」コーデック対応で世界最小・最軽量

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ソニーは、完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S(リンクバッズ エス)」を2022年6月3日に発売する。

  • 高音質と先進の技術を組み合わせた最小・最軽量モデル
    高音質と先進の技術を組み合わせた最小・最軽量モデル
  • 高音質と先進の技術を組み合わせた最小・最軽量モデル

センシング技術がさらに進化

 

   同社によれば「LDAC」コーデック対応の完全ワイヤレスでは世界最小・最軽量だという。自然な外音取り込みが可能なほか、ノイズキャンセリング機能とCDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイ・レゾリューション・オーディオ)」音質に対応。装着したまま高い没入感と"ながら聴き"を自由に切り替えられる。

   ストリーミングなどの圧縮音源を「DSEE Extreme」でアップスケーリングし、ハイレゾ相当の高解像度で楽しめる。ゲームに適する超低遅延などを実現する次世代のBluetoothオーディオ「LE Audio」には、22年内にファームウエアのアップデートで対応予定とのことだ。


   シリーズ共通の特長のセンシング技術がさらに進化。装着や歩行開始などユーザーの使用環境を検知し、連携する配信サービスの音楽を自動再生する「Auto Play」機能を新搭載した。

   また、センシング技術の組み合わせにより、音声AR(拡張現実)や3Dオーディオを使用したアプリ、「Ingress」などのARゲームを音でも楽しめる。

   通話時には高精度の「ボイスピックアップテクノロジー」に加え、外側と内側に配置されたマイクがクリアな音声を相手に届ける。

   5ミリ径ドライバーユニットを搭載。リチウムイオン電池を内蔵し、最大9時間の連続再生、最大3.5時間の連続通話が可能だ。Bluetooth 5.2に準拠し、A2DP、AVRCP、HFP、HSPの各プロファイル、SBC、AAC、LDACの各コーデックをサポート。SCMS-Tコンテンツ保護に対応する。

   カラーはホワイト、ブラック、エクリュの3色。

   市場想定価格は2万6000円前後(税込)。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!