木村拓哉「未来への10カウント」低迷との報道 識者は「ナンセンス」

   俳優・木村拓哉さん主演のドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)が、いよいよ最終回を迎える。この作品に対して週刊誌からは、打ち切り報道が出た。しかし、直後にテレビ朝日社長が会見で否定している。

   木村さん主演ドラマのたびに繰り返される低迷の噂。しかし、これは正しい話なのだろうか――。

  • 木村さん主演ドラマは不人気なのか
    木村さん主演ドラマは不人気なのか
  • 木村さん主演ドラマは不人気なのか

世帯視聴率で人気を測るのが...

   木村さんが主演を務めるドラマが発表されるたびに登場するのが、タイトルに「低迷」「不調」といった文字が並んだ週刊誌の報道だ。

   しかし、数字が取れないはずの木村さん主演ドラマは、後を絶たない。本当に不調なのだろうか。文化社会学、社会情報学を専門にし、ドラマやジャニーズなど、エンタメに詳しいジャーナリスト・松谷創一郎氏に取材した。

   松谷氏は放送中のドラマについて、「視聴率が悪いとは、とらえられないです」と話した。「未来への10カウント」は、世帯視聴率を10%前後で推移している状況だ。この数字自体は決して悪いものではないという。一方で、「世帯視聴率で人気を測るというのがナンセンスです」と断じた。

   ドラマの視聴方法は大きく変化してきた。多くの人は世帯単位でリアルタイムに視聴せず、Tverや録画などで後から見る。そんな中で「世帯視聴率」がどこまで指標として信用できるのか、と疑問視されているという。

   そのため、「週刊誌では世帯視聴率で人気・不人気をわかりやすく報じますが、それが古臭く感じます」とバッサリだ。

姉妹サイト