2022年 7月 1日 (金)

「Internet Explorer」終了で「お墓」 27年の歴史をしのぶ人たち

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ウェブブラウザー「Internet Explorer(IE)」が、その役目を終えた。米マイクロソフトが1995年から提供してきたが、2022年6月16日にサポートを終了したのだ。

   長い歴史を持つブラウザーの終了に、インターネット上では別れを告げる投稿が多く見られる。なんと、韓国ではIEのお墓まで登場したようだ。

  • 韓国コミュニティーサイトに立てられたスレッド「並外れていた彼の業績を覚えている.JPG」から掲載
    韓国コミュニティーサイトに立てられたスレッド「並外れていた彼の業績を覚えている.JPG」から掲載
  • 韓国コミュニティーサイトに立てられたスレッド「並外れていた彼の業績を覚えている.JPG」から掲載

韓国・慶州のカフェ屋上に

   IEが27年の歴史に幕を下ろす前日の6月15日、韓国コミュニティーサイトに「並外れていた彼の業績を覚えている.JPG」といったスレッドが立てられた。

   ここには「友人」であるIEのためにと、ユーザーが兄に頼んで建てたという墓の写真が掲載されている。韓国・慶州にあるカフェの屋上、主にカップルがプロポーズのために使用する小さいチャペルの側にあり、誰でも訪れることができるという。

   墓石には、「故 Internet Explorer」、「1995.8.17〜2022.6.15」、「He was a good tool to download other browsers(編訳:他のブラウザーをダウンロードするのに良いツールだった)」と記され、花と茶碗が供えられている。

「ポケベル」葬式に「Windows」の墓

   ネット・デジタル社会の進歩に貢献してきたツールが終了し、それを「弔う」ケースはIE以外にも事例がある。

   基本ソフト(OS)「Windows」シリーズにも、歴代の墓が存在する。東京都八王子市のパソコン(PC)販売・処分を行う会社「いっとく」本社前に設置されている。J-CASTトレンドでは、この墓地について2019年6月10日に記事を公開している。

   サポートが終了している「Windows 98」、「XP」の墓と、「2000」や「VISTA」など複数のOSをまつった「共同墓」の計3基があるという。

   iPhoneが2008年に登場してから、約14年がたった。「iPhone以前」は多くの人が使用していた「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」も、その立場をスマートフォンにとって変わられた。

   NTTドコモは自身のサービスに敬愛の情を込めて、「卒業式」を実施している。26年3月で終了予定のネット接続サービス「iモード」の卒業公演動画を、22年3月4日に公開した(6月17日現在は非公開)。

   プレスリリースによると、歴代400台以上のガラケーが登場。その当時の流行や人々の思い出を、ガラケーの着信音・動作音が奏でる「仰げば尊し」と「歓喜の歌」で振り返る動画だった。

   ガラケーよりも前に活躍していたポケットベル(ポケベル)は、「葬式」が行われた。

   2019年9月30日でサービス終了したポケベルのために、東京のJR秋葉原駅前では「みんなのポケベル葬」が、前日29日に実施されたのだ。この日の朝日新聞によると、主催は東京都葬祭業協同組合だ。遺影に使われた「1141064」は、「愛してるよ」という意味。2時間半の催しには、約300人が参加したという。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!