2024年 6月 18日 (火)

アーティストの平日は別の顔 週末に変身する「兼業音楽家」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   本業とアーティスト活動を、「兼業」する働き方がある。例えば、でんぱ組.incの元メンバー・夢眠ねむさんをはじめ、多くのアイドルに楽曲提供するミュージシャンのCHEEBOW(ちーぼう)さんは、プログラマーと「週末音楽家」の顔を併せ持つ。

   こうしたアーティストは、少なくない。2022年5月25日に「女、深夜の麺屋にて」、6月22日に「あなたが課金しないなら」と新曲を連続リリースした、近視のサエ子さんもその一人だ。フリーランスとして広告制作やデザイン、PRなどを手掛け、土曜日のみ「近視のサエ子(以下、サエ子)」に変身する。二人が「兼業音楽家」のあり方を、オンライン対談で語り合った。

  • 近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)
    近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)
  • プログラマにして、「週末音楽家」でもある、ミュージシャンのCHEEBOW(ちーぼう)さん
    プログラマにして、「週末音楽家」でもある、ミュージシャンのCHEEBOW(ちーぼう)さん
  • サエ子さんが、「いつでもそこに無償で存在するなんて思わないで」との思いを込めた新曲「あなたが課金しないなら」(illustration / Linco Sakano)
    サエ子さんが、「いつでもそこに無償で存在するなんて思わないで」との思いを込めた新曲「あなたが課金しないなら」(illustration / Linco Sakano)
  • 近視のサエ子さん(photo by Maki Amemori)
  • プログラマにして、「週末音楽家」でもある、ミュージシャンのCHEEBOW(ちーぼう)さん
  • サエ子さんが、「いつでもそこに無償で存在するなんて思わないで」との思いを込めた新曲「あなたが課金しないなら」(illustration / Linco Sakano)

40歳で「アイドル曲作って」と言われ

   二人は2010年に、ソーシャル・ネットワーキングサービス「mixi」経由で知り合い、とあるゲーム曲を共作した仲だ。

   CHEEBOWさんは当時41歳。29歳の時に友人と興した会社を経営しながら、同人で音楽活動をしていた。サエ子さんは大学卒業後にテレビ番組の制作会社に就職したものの、辞めて音楽一本に専念するところだった。

   けれど音楽の道は、なかなかお金にならず、厳しかった。サエ子さんはその後、ウェブデザイナーを本業に生活を立て直すことにした。

サエ子「最初は『こびとづかん』のウェブデザイン(10年から15年)と、ボーイズラブ関係のデザインの2つしか仕事がなくて......(東京の)三軒茶屋でアルバイトしながらでした」

   当時はウェブデザインがメイン。プログラミングが苦手で、必死で本を読んで進めていた。

サエ子「そこで知らずに読んでいたのが、CHEEBOWさんが書かれた本だったんですよ」
CHEEBOW「そうなんですか。Movable Typeの技術書など、共著と単著合わせて15冊ほど書いていますからね。だから、僕をプログラマーとして知っている方も多いです」

   CHEEBOWさんは、WindowsやiPhone、iPadなどのアプリ開発をメインに、書籍の執筆や講演などでも活動する著名なプログラマー。そのため、「音楽をやっているといっても趣味の延長だと思われていました(笑)」と明かす。

   平日は上記の本業、土日で音楽活動をしている。40歳の頃、それまでやっていた同人音楽がきっかけで、「アイドル曲を書いてほしい」と依頼が舞い込んだ。それが、夢眠ねむさんのソロ曲。これを皮切りに、主にインディーズのライブアイドルへの楽曲提供依頼が増えていった。以降、年に十数曲をアイドルのために書き続けている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!