「マイナポイント」実は現金化できる 受取先によってこんな「裏技」が

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   マイナポイント第2弾では、最大2万円分のポイントが獲得できる。受取先は電子マネーにプリペイドカード、クレジットカードにQRコードと自分の使い方に合わせて選べる。

   総務省のマイナポイント公式サイトでは、受付可能な決済サービス一覧を公開している。実はこの中に、現金化が可能なサービスが存在するのをご存じだろうか。

  • 決済サービスによってはポイント上乗せや現金化も可能?
    決済サービスによってはポイント上乗せや現金化も可能?
  • 決済サービスによってはポイント上乗せや現金化も可能?

付与ポイント相当の金額を入金

   ツイッター上では、マイナポイントを「現金化した」との報告が多数みられる。そこでは、「au PAY」を推す人が多かった。

   現金化には「au PAY」のほか、「auじぶん銀行」の口座が必要となる。この2つを連携したうえで、au PAYで受け取ったマイナポイントを「払出」機能を使ってauじぶん銀行に入金、現金化できるというものだ。

   「JCBデビットカード」を挙げる人もいる。JCBの公式サイトには、「マイナポイント事業に関するご案内」というページがある。そこには、デビットカードの場合に「2022年9月と2022年12月と2023年3月に、付与ポイント相当の金額をお支払い口座に入金します」と書かれている。

姉妹サイト