2024年 6月 14日 (金)

高橋和希さん描き下ろし「遊戯王」カード 見境なき高額出品にあきれる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   人気漫画「遊☆戯☆王」の作者・高橋和希さんが亡くなった。2022年7月7日に複数メディアで報じられている。作中の内容をもとにしたトレーディングカードゲーム「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム(OCG)」が有名だ。

   訃報が報じられた7日、フリマアプリ「メルカリ」上では変化が。高橋さんがデザインを描き下ろした「遊戯王カード」が少なくとも10件以上、高値で販売され始めたのだ。

  • 高橋和希さん死去報道の日 メルカリで高額転売相次ぐ
    高橋和希さん死去報道の日 メルカリで高額転売相次ぐ
  • 高橋和希さん死去報道の日 メルカリで高額転売相次ぐ

1000円以下で買えたのに「7999円」

   「ブラック・マジシャン」という有名なカードがある。デザインのバリエーションが、複数存在する。「週刊少年ジャンプ」(集英社)の2009年3号には、高橋さんが描きおろしたバージョンが雑誌付録として同梱された。白い背景の中に「ブラック・マジシャン」がたたずみ、絵柄の右下に高橋和希さんの名前を意味するのか「Kaz」というサインが入っているのが特徴だ。

   このカードの中古品を、メルカリで検索した。「半年以上前」と時期が表示されている出品では、他のカードとの2枚セットで「900円」(税込み、以下同)とのケースがあった。「4か月前」の出品では単体で「550円」「777円」、「1か月前」では1000円の出品があり、相場の価格は目立ったものではなかった。

   ところが高橋さんの訃報のあった7月7日には、4000円以上の価格を付けてのサイン入り「ブラック・マジシャン」が10件以上出品されている。見た限り、もっとも高額な例では7999円だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!