2022年 10月 1日 (土)

「iPhone14」リーク情報続々 20万円超えでも絶対売れる理由

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   円安を背景に、日本では今月(2022年7月)に入って「iPhone 13」が値上げされ、最も安価な「iPhone 13 mini(128GB)」すら、通信キャリアの販売価格が10万円を超えた。

   一方中国では、既に「iPhone 14」の生産準備が本格化している。中国・台湾メディアの報道やアナリストの分析によると、iPhone14はカメラや高速充電機能のアップデートに伴い、発売価格はiPhone13を大きく上回るが、それでも好調に売れそうだという。

  • 価格も人気も「13」シリーズを超えるか
    価格も人気も「13」シリーズを超えるか
  • 価格も人気も「13」シリーズを超えるか

工場は従業員紹介でボーナス12万円

   iPhoneの世界最大の組み立て拠点である鴻海精密工業(フォックスコン)の鄭州工場は、2022年6月末から工員の募集を拡大している。同社の求人情報によると、既存従業員が新しい工員を紹介すると6000元(約12万円)の紹介ボーナスを受け取れる。入社した人は5400元(約11万円)の支度金が支給され、かつて働いていた人は当時の給与水準で復職できる。

   工場は既にiPhone 14の一部パーツの生産に入っており、8月にはデバイス全体の組み立てが始まるという。

   現時点で多くのメディアが、米アップルが9月に6.1インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro Max」の4機種を発売すると予想している。また、特にハイエンドモデルで外観、カメラ、高速充電が大幅にアップグレードされるとのリークが多く寄せられている。

   機能のアップグレードに伴い価格の上昇も指摘され、欧米の複数メディアが、「iPhone 14シリーズの価格はiPhone 13より100ドル(約1万4000円)値上げされる」と報じている。中国では、iPhone 14 Proが8999元(約18万円)~、iPhone 14 Pro Maxが9999元(約20万円)~との予想が広がっている。

ネックは価格より半導体不足か

   10万円どころか、ハイエンドモデルだと20万円をつけそうなiPhone 14。だが、「iPhoneの予言者」と呼ばれる著名アナリストの郭明錤(ミンチー・クオ)氏ら複数の専門家が、「中国ではiPhone13以上に売れるだろう」と見ている。

   郭氏は、中国の小売業者や転売業者、部品サプライヤーや物流関係者に対するヒアリングを基に、2022年のiPhone 14の出荷台数を9000万~1億台と見込み、中国市場での需要の強さが、アップルの業績に大きく貢献すると分析している。鴻海が従業員採用を強化しているのも、需要の固さが背景にあるようだ。

   ただ、昨今の半導体不足で初期の出荷台数が減少するとの懸念も強い。iPhone 14の売れ行きを左右するのは、需要よりもサプライチェーンのリスクになりそうだ。

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

浦上早苗
経済ジャーナリスト、法政大学MBA兼任教員。福岡市出身。近著に「新型コロナ VS 中国14億人」(小学館新書)。「中国」は大きすぎて、何をどう切り取っても「一面しか書いてない」と言われますが、そもそも一人で全俯瞰できる代物ではないのは重々承知の上で、中国と接点のある人たちが「ああ、分かる」と共感できるような「一面」「一片」を集めるよう心がけています。
Twitter:https://twitter.com/sanadi37
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!