2024年 2月 29日 (木)

ナメクジ口に入れて感染「広東住血線虫症」 髄膜炎、失明、亡くなる例も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   中華料理チェーン「大阪王将」のフランチャイズ店で、キッチンでナメクジが大量発生していると2022年7月終盤にツイッター上で告発があった。これが大きな騒動に発展し、連日インターネットニュースで報道が相次いだ。

   ナメクジには寄生虫「広東住血線虫」が寄生している。人間に感染した場合には、命を落とす危険性がある。

  • ナメクジから感染する「広東住血線虫」とは
    ナメクジから感染する「広東住血線虫」とは
  • ナメクジから感染する「広東住血線虫」とは

ふざけて食べたばかりに

   告発によると、ナメクジは生卵を割る鍋やザル、冷蔵庫にも発生していたという。保健所の立ち入り検査では、ナメクジは見つからなかったというが、ツイッター上では健康被害を心配する投稿が見られた。

   過去にナメクジを食べて死亡した、海外の例を思い出した人も多いようだ。「ニューズウィーク日本版」が2018年11月6日付で報じている。「ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡」と題された記事だ。

   オーストラリア在住の男性、サム・バラードは19歳だった2010年、自宅で行った友人たちとのパーティーで、ワインを飲んでいたところにはい出てきたナメクジをふざけて食べたのだという。バラードさんはその後、髄膜炎の一種である好酸球性髄膜脳炎を発症、1年以上にわたって昏睡状態が続き、その後意識を取り戻すも脳に損傷を受けた。結果、24時間の介護を要する重い後遺症が残ることになった。「広東住血線虫症」が原因だった。

   この病気に起因するさまざまな合併症を患った末、18年11月2日に27歳で死亡した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!