2022年 9月 29日 (木)

「バーチャルマーケット」でビームスVRショップ公開取材 Tシャツ試着して

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   VRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」が、2022年8月13日にスタートした。セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」(東京都渋谷区)は、同イベント内にあるワールド「パラリアル大阪」にバーチャルショップを出店している。約50人の社員が交代でバーチャル接客にあたっており、試着に音楽ライブ、BBQまで一挙に楽しめる点が魅力だ。

   メタバース(仮想空間)の魅力を取材し、発信をする「VR記者カスマル」と、バーチャルアイドル・草羽エルさんによるユニット「メタバース調査隊Hack2」は、8月15日に同店を訪問、公開取材を行った。

  • 自分のアバターの上に、Tシャツを重ね着するイメージで試着できる
    自分のアバターの上に、Tシャツを重ね着するイメージで試着できる
  • 女性アバターをまとってカスマルを出迎えてくれた、ビームスクリエイティブ ビジネスプロデュース3課の藤平道子さん
    女性アバターをまとってカスマルを出迎えてくれた、ビームスクリエイティブ ビジネスプロデュース3課の藤平道子さん
  • ショップ1階奥には、「VRが身近にあるライフスタイル」をイメージした空間が広がる
    ショップ1階奥には、「VRが身近にあるライフスタイル」をイメージした空間が広がる
  • ビームスオリジナルのVRゴーグルバッグはじめ、雑貨レーベル「bPr BEAMS」のデジタル商品が置かれており、ほとんどがBEAMS公式オンラインショップや店頭で購入可能
    ビームスオリジナルのVRゴーグルバッグはじめ、雑貨レーベル「bPr BEAMS」のデジタル商品が置かれており、ほとんどがBEAMS公式オンラインショップや店頭で購入可能
  • スリーブレスジャケットやロングスカートなどを自由に試着でき、ショップ内の鏡(写真左)に写して見られる
    スリーブレスジャケットやロングスカートなどを自由に試着でき、ショップ内の鏡(写真左)に写して見られる
  • 1階にある、アニメ「ユーレイデコ」とのコラボレーションコーナー
    1階にある、アニメ「ユーレイデコ」とのコラボレーションコーナー
  • 過去にBEAMSが販売したアバターをまとった、広報の木下香奈さんも取材に立ち会った(左)
    過去にBEAMSが販売したアバターをまとった、広報の木下香奈さんも取材に立ち会った(左)
  • ELAIZA監修のもと、バーチャルライブステージのために制作したアバター(写真右奥)
    ELAIZA監修のもと、バーチャルライブステージのために制作したアバター(写真右奥)
  • トングで肉を掴み、こんがり焼ける
    トングで肉を掴み、こんがり焼ける
  • 自分のアバターの上に、Tシャツを重ね着するイメージで試着できる
  • 女性アバターをまとってカスマルを出迎えてくれた、ビームスクリエイティブ ビジネスプロデュース3課の藤平道子さん
  • ショップ1階奥には、「VRが身近にあるライフスタイル」をイメージした空間が広がる
  • ビームスオリジナルのVRゴーグルバッグはじめ、雑貨レーベル「bPr BEAMS」のデジタル商品が置かれており、ほとんどがBEAMS公式オンラインショップや店頭で購入可能
  • スリーブレスジャケットやロングスカートなどを自由に試着でき、ショップ内の鏡(写真左)に写して見られる
  • 1階にある、アニメ「ユーレイデコ」とのコラボレーションコーナー
  • 過去にBEAMSが販売したアバターをまとった、広報の木下香奈さんも取材に立ち会った(左)
  • ELAIZA監修のもと、バーチャルライブステージのために制作したアバター(写真右奥)
  • トングで肉を掴み、こんがり焼ける

スタッフが客に「教えてもらう」?

   1階はガラス張りのショップ、2階はELAIZA(池田エライザ)さんのバーチャルライブステージになっている。さっそく入店すると、

「いらっしゃいませー!」

   ビームスクリエイティブ ビジネスプロデュース3課の藤平道子さん、ビームス天王寺 ショップスタッフの森山颯太さんが、出迎えてくれた。オンライン通話ツールより、相手を近くに感じる。現実の店舗で接客されている感覚と近い。

   入店したらまず、正面の棚上にある、「BEAMSロゴ入りTシャツ」に袖を通すのがおすすめだ。「Try 試着可」とある。近付いて操作すると...目の前からTシャツが消え、自分のアバターの上に表示された。Tシャツを重ね着しているような見え方だ。

   BEAMSのオリジナルアパレル商品を3Dモデルに起こした、計7点のアイテムはアバターが着用するデジタル商品として販売している。気に入ったら、その場で購入可能だ。

   藤平さんは、ユーザーが積極的に試着してくれたり、バーチャルショップ来店をきっかけに「リアルのBEAMS店舗にも行ってみようかな」と言ってくれたりするのが、うれしいと話す。森山さんは取材当日にVRデビューしたと告白。公開取材を見学しに集まった参加者から、拍手や声援が飛んだ。森山さんは「相手の顔は見えませんが、声で温度感が伝わるので、接客しやすいですね」と、手応えがある様子だった。

   VR活動に不慣れな店員がいるため、カメラ撮影などの操作方法を「親切なお客さんから、時間をかけて丁寧に教えてもらったこともある」と藤平さん。接客以外の交流も見られるようだ。

   取材終わりに、3階(屋上)のウッドデッキへ上がり、参加者全員でBBQを楽しんだ。

1階からエレベーターで上がって、3階へ
1階からエレベーターで上がって、3階へ

   花火を間近で見られる絶好のスポットだ。肉や野菜を焼いたり、ビールを飲んだり、大勢でわいわい楽しめる。

   ビームスVRショップの見どころは、ほかにも。

   詳しい様子は、草羽エルさんのユーチューブ動画で見ることができる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!