2024年 3月 1日 (金)

「PS4」用コントローラー生産終了のうわさ ソニーが明かした真相

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ゲーム機「プレイステーション(PS)4」用のコントローラー「DUALSHOCK 4」。近ごろ、ツイッター上では品薄が指摘されている。さらには、生産がすでに終了したと主張する出所不明の言説を、たびたび見かける。

   ECサイト「アマゾン」でDUALSHOCK 4を検索すると、品によっては商品名に「【メーカー生産終了】とついているケースがある。生産終了は本当なのか、真相をメーカーのソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)に聞いた。

  • 「DUALSHOCK 4」は生産終了したのか
    「DUALSHOCK 4」は生産終了したのか
  • 「DUALSHOCK 4」は生産終了したのか

「入荷待ち」でも販売終了になることが

   ソニー公式通販「ソニーストア」では、DUALSHOCK 4は販売中。色は4種類あるが、いずれも「入荷待ち」との表記が。これは在庫切れを意味し、同サイトによると「そのまま販売終了になること」があるという。

   ソニーストア上の「DUALSHOCK 4」価格は6578円(税込、以下同)だ。品薄のせいか、アマゾンでの相場は7900円~9450円と高騰している。

   ツイッター上では前述通り、「ps4のコントローラー生産終了で高騰してるのね」「PS4のコントローラー生産終わってて電気屋で手に入り辛い」と、DUALSHOCK4の生産が終了したとの投稿が存在する。

   SIE広報はJ-CASTトレンドの取材に対し、こう答えた。

「『PlayStation 4』および『DUALSHOCK 4』は現在も生産・販売を継続中です」

   生産終了した、との情報に不安を感じる必要はないだろう。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!