2024年 3月 2日 (土)

PS5品薄のまま値上げ 「コスト上昇すれば転売ヤー減る」シナリオの行方

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「プレイステーション(PS)5」が値上げする。2022年9月15日より、ディスクドライブを搭載した通常版は5万4978円(税込、以下同)から6万478円に。「デジタルエディション」は4万3978円から 4万9478円と、それぞれ5500円高くなる。

   もともと高額での転売が横行しているPS5。突然の発表に、ゲームユーザーの間では衝撃が走っている。

  • プレイステーション5、品薄のまま値上げへ
    プレイステーション5、品薄のまま値上げへ
  • プレイステーション5、品薄のまま値上げへ

転売価格「相場」8~9万円

   プレイステーション公式ブログで8月25日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)最高経営責任者のジム・ライアン氏の名義で値上げを発表した。世界的な物価の上昇や、為替変動について触れつつ、「この困難な経済情勢の影響を受けて」価格改定を決定したと説明している。

   日本に限らず、欧州、中東、アフリカ、南米、カナダ、そしてアジア太平洋の一部地域で値上げを行う。なお、米国内での価格に変更はない。

   PS5は2020年11月の発売から22年8月25日現在まで品薄が続く。8月25日にフリマアプリ「メルカリ」を見たところ、PS5通常版は8万円~9万円を相場として転売されている。

   J-CASTトレンドは8月7日付記事(PS5とPS4のソフトが売れない 転売横行のゲーム機が手に入らないからか)で、ゲーム業界に詳しい東洋証券のシニアアナリスト・安田秀樹氏に取材。一定の水準までPS5の通常価格を引き上げれば、転売にかかるコストがかさむため、転売目的での購入需要の抑制が期待できると同氏は指摘していた。

   再び安田氏に取材した。今回の5500円という値上げ水準だと、現状の供給量のままでは転売抑制には足りないとみる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!