2024年 2月 28日 (水)

コロナ「終わりへの序曲」なのか 国内「第7波」沈静化も気になる秋冬

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が急減している。2022年7月から始まった「第7波」はすでにピークアウトし、収束に向かっているようだ。海外では、新型コロナ自体の「終わり」が見えてきた、との報道も出ている。

  • 新型コロナウイルスの新規感染者数が急減してきたが
    新型コロナウイルスの新規感染者数が急減してきたが
  • 新型コロナウイルスの新規感染者数が急減してきたが

沖縄は急減

   第7波は、ピークだった8月中旬には、1日当たりの国内の感染者が25~26万人に達した。しかし、その後、じわじわと減る傾向が続き、9月に入ってからは一段と減少。前週の同じ曜日から3割近く減ることが多くなった。

   19日の全国の感染者は3万8000人余り。東京は4069人まで減り、いち早く流行が広がった沖縄では、ピーク時は1日の感染者が6000人を超えていたが、19日は約20分の1の294人にまで落ち込んでいる。

   時事通信は20日、「コロナ『第7波』、なぜ下火に?」という記事を配信している。感染者の減少理由について、厚生労働省専門家組織座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長は、「ワクチンと感染による、一過性の集団的な免疫が大きく影響した可能性がある」と指摘。東京医科大の浜田篤郎特任教授(渡航医学)は、「第7波はピークを越えたとみていい。3回接種率は65%を超えており、ワクチンと感染の両方を経験して獲得する『ハイブリッド免疫』の効果も大きいのでは」と分析している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!