2022年 11月 30日 (水)

「Travis Japan」世界デビュー曲は配信 ジャニーズ「サブスク解禁」期待

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   7人組ジャニーズJr.グループ「Travis Japan」が2022年10月28日に世界デビューする。ジャニーズ公式ツイッターで9月29日に発表した。

   ファンはデビューへの喜びと帰国前の発表への寂しさで複雑なようす。一方、デビューシングルの配信には、ジャニーズグループのファンは期待を寄せている。

  • 「Travis Japan」10月28日デビュー決定!
    「Travis Japan」10月28日デビュー決定!
  • 「Travis Japan」10月28日デビュー決定!

全面解禁まで秒読み?

   ジャニーズ事務所は肖像権に厳しく、インターネット上でのタレント写真は雑誌等でも黒塗りでの公開と、デジタル鎖国状態が長く続いた。

   インターネットニュースなどでの画像掲載を解禁されたのは2018年になってから。以降はYouTube活動も始まり、21年には所属グループの多くがSNSアカウントを所有するなど積極的にネット活動の幅を広げている。一方楽曲のサブスクリプション(定額制)配信やダウンロード配信は制限が続いている。

   唯一ほぼ全楽曲の配信がされているは嵐だけだが、開始当初の19年10月時点では「Apple Music」「Spotify(スポティファイ)」等で、代表的な5曲のみだった。しかし、同年11月には初のデジタルシングル「Turning Up」をリリース、同時に同シングルとこれまでに発売した全シングル表題64曲のサブスク配信を開始。また、活動休止後の21年7月には、ほぼ全曲のサブスク配信が始まっている。

   「KAT-TUN」も21年3月からシングル「Roar」から表題曲と配信限定カップリング曲などを配信、サブスク解禁をした。ほかにも、21年11月に解散したV6の年長メンバーで構成されたグループ「20th Century」やKinKi Kidsの堂本剛さんや嵐の二宮和也さんはそれぞれ、ソロ楽曲での配信を始めている。

   ベテランが少しずつ楽曲配信を解禁している一方で、若手グループの配信は未だなし。これに対して、ファンからは「サブスク解禁」の要望が続いていた。その中で、「Travis Japan」のデビュー曲が「全世界配信リリース」と発表、ファンからは「サブスク解禁?」と期待する声が高まっている。また、これを機に全グループでサブスクを解禁してほしいという投稿が相次いでいる。一方、配信だけでなくCDも発売してほしい、と願うファンも多くみられた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!