2022年 11月 30日 (水)

ロシアのウクライナ侵攻にも関連 映画「バビ・ヤール」語るべき負の歴史

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロシアによるウクライナ侵攻が長期化する中で、ウクライナの「負の歴史」(NHK)にスポットを当てた記録映画「バビ・ヤール」が話題になっている。第二次世界大戦中に、ウクライナで起きたナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺事件に、ウクライナ人も関与していたことを取り上げているからだ。

  • (c) Atoms & Void
    (c) Atoms & Void
  • (c) Atoms & Void

カンヌで審査員特別賞

   監督はウクライナ人のセルゲイ・ロズニツァ氏。1964年生まれ。「ドンバス」「国葬」「粛清」など、旧ソ連関連のドキュメンタリー作品で知られている。

   今回の「バビ・ヤール」は2021年制作。同年の第74回カンヌ国際映画祭ルイユ・ドール審査員特別賞を受賞している。

   「バビ・ヤール」はキーウ(キエフ)近郊にある渓谷の名前。1941年、独ソ戦が始まり、独軍は旧ソ連内のウクライナに侵攻。同年秋、ウクライナのユダヤ人らをこの谷に集めて大量虐殺した。犠牲者は3万人あまりに上るという。

   映画は、当時の記録映像などをもとに再編集したもので、一部のウクライナ人がこの虐殺に加担したことを報告している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!