2024年 3月 4日 (月)

ONE PIECEカードゲーム 公式ショップが乗り出した転売ストップ術

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   人気漫画「ONE PIECE」をテーマにした「ONE PIECE (ワンピース)カードゲーム」。バンダイカード事業部が展開するトレーディングカードゲームだが、高額転売が続く。ただ、バンダイ側はこの状況を静観しているわけではないようだ。

    バンダイナムコグループの「バンダイナムコアミューズメント」は、このカードを販売する「ONE PIECEカードゲーム 公式ショップ」を運営している。同ショップは2022年11月2日、転売対策について発表した。

  • 「ONE PIECEカードゲーム 公式ショップ」京都店は11月2日にオープン (画像はバンダイナムコアミューズメントの10月26日付リリースから)
    「ONE PIECEカードゲーム 公式ショップ」京都店は11月2日にオープン (画像はバンダイナムコアミューズメントの10月26日付リリースから)
  • 「ONE PIECEカードゲーム 公式ショップ」京都店は11月2日にオープン (画像はバンダイナムコアミューズメントの10月26日付リリースから)

カードパックが3倍近い価格で

   特に転売が横行しているのは、カードがランダムに封入される「ブースターパック」という商品。

   7月22日に発売されたブースターパック「ROMANCE DAWN」を例にとると、24パックが入った「BOX」1箱の通常価格は4752円(税込、以下同)だ。

   「メルカリ」では11月9日現在、このBOXが1万~1万5000円程度で転売されている。11月4日には新たなブースターパック「頂上決戦」が発売されたが、こちらのBOXも1万4000~2万円を相場としてメルカリに出品されている。

   横浜市、京都市、福岡市に店舗を展開する「ONE PIECEカードゲーム 公式ショップ」は公式サイトで11月2日、

「2022年11月よりBOX販売を行う場合はお客さま確認のもと、転売対策としてレジにてBOXのテープをカットいたします。ご了承いただける方のみに販売いたします」

と発表した。箱の上部に付いている、透明のテープを指すものとみられる。

   新品の状態ではなくすることで、転売上での価値を下げることが目的なのだろうか。J-CASTトレンドはバンダイナムコアミューズメントに取材を申し込み、回答を待っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!