2024年 3月 5日 (火)

前田大然のゴールは日本が進化した証 クロアチアに惜敗も意地の戦略見せた

【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年

   遂に森保一監督が伝家の宝刀を抜いた――。決勝トーナメント「ラウンド16」の壁を超えるために隠していたのかもしれない。そう感じるくらいに、森保監督はW杯が始まってからスイッチを入れた。

   アジア予選では見せなかった戦略。ベスト8をかけて臨んだクロアチア戦(現地時間2022年12月5日)で、それを結実させた瞬間が訪れた。

  • 多くの選手が絡んだプレーが、前田大然のゴールに結びついた(写真:AP/アフロ)
    多くの選手が絡んだプレーが、前田大然のゴールに結びついた(写真:AP/アフロ)
  • 多くの選手が絡んだプレーが、前田大然のゴールに結びついた(写真:AP/アフロ)

人数が絡んだセットプレー

   予選での森保監督を分かり易く言えば、守備の規律は作りつつも、攻撃含め細かな部分で選手への委任戦術をとっていた。それもあり、試合中のシステムチェンジはもちろん、効果的な選手交代もほとんど行ってこなかった。

   ところがW杯ドイツ戦では一転して後半にシステムを代え、次々と選手交代で流れを変えていった。コスタリカ戦ではターンオーバーに結果的に失敗したものの、スペイン戦ではスタートから3バックにするなど、予選になかった戦略を見せている。

   そしてクロアチア戦で、デザインされたセットプレーを見せた。

   43分、キッカーの堂安律からショートコーナーにいる鎌田大地、伊東純也と経由して再びボールを受けた堂安が左足で鋭いクロスを入れる。ファーサイドへ走り込んだ吉田が折り返し、最後は前田大然がゴールを決めた。

   これだけの人数が絡んだセットプレーを、森保ジャパンが見せたのは皆無に等しい。

石井紘人(いしい・はやと)
ラジオやテレビでスポーツ解説を行う。主に運動生理学の批評を専門とする。著書に『足指をまげるだけで腰痛は治る』(ぴあ)『足ゆび力』(ガイドワークス)など。『TokyoNHK2020』サイトでも一年間に渡り、パラリンピックスポーツの取材を行い、「将棋をスポーツ化した競技『ボッチャ』」などを寄稿。 株式会社ダブルインフィニティ代表取締役でもあり、JFA協力、Jリーグと制作したDVD『審判』、日本サッカー名シーン&ゴール集『Jリーグメモリーズ&アーカイブス』の版元。現在『レフェリー』の販売中。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!