2024年 2月 23日 (金)

遠藤航、久保建英、吉田麻也の証言からひもとく 「新時代」と「ベスト8の壁」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
【連載】サッカー・カタールW杯 森保ジャパン勝負の1年
「目標とするベスト16の壁を破ること、新しい景色は見ることは出来ませんでしたが、選手たちが『新しい時代』を見せてくれた」

   サッカー日本代表・森保一監督は、帰国会見(2022年12月7日)でこう語った。ラウンド16・クロアチア戦後のフラッシュインタビューでも、「新時代」という表現を使っていた。決して虚勢を張ったわけではなく、本心だと思う。

   日本がW杯という舞台で優勝国から勝ち点を奪ったのは、今大会が初。しかも引き分けではなく勝利だ。逆転劇も初めてで、1大会2度の逆転勝利はW杯史上52年ぶり3チーム目である。それだけを見ても、間違いなく新時代の扉を開いてくれた。

  • W杯の舞台で強豪スペインを破り、歓喜の遠藤航(左)と浅野拓磨。森保ジャパンは確かに「新時代」を見せてくれた(写真:ロイター/アフロ)
    W杯の舞台で強豪スペインを破り、歓喜の遠藤航(左)と浅野拓磨。森保ジャパンは確かに「新時代」を見せてくれた(写真:ロイター/アフロ)
  • W杯の舞台で強豪スペインを破り、歓喜の遠藤航(左)と浅野拓磨。森保ジャパンは確かに「新時代」を見せてくれた(写真:ロイター/アフロ)

PKの決め方「間違っていたとは思わない」

   会見には、急きょキャプテン・吉田麻也も同席した。 記者から森保監督に、PKキッカーを選手たちに選ばせたことへの質問が飛んだ。「結果をつかみ取れず選手に責任を負わせてしまった部分で、私が全て決めた方が選手にとっても良かったのかなと思います。もしかしたら結果も違っていたかもしれない」と答え終えると、「ちょっと補足して良いですか」と吉田が割って入った。

「僕はこのやり方が間違っていたとは思わない」

   こう、メディアの「監督批判」を一蹴した。「全く同じやり方で、(東京)五輪でニュージーランド戦に勝っているんですよね」。

   冒頭に森保監督が「ベテランがチームを支え、若手が躍動する。チーム一丸となって結果として、活動としてお見せできることができた」と自身のメンバー選考に胸を張った(参考記事:大迫勇也ではなく柴崎岳 森保一監督が求めた「経験」に違いが)。吉田のPKに関するコメントは、その一体感を象徴するシーンに映った。

石井紘人(いしい・はやと)
ラジオやテレビでスポーツ解説を行う。主に運動生理学の批評を専門とする。著書に『足指をまげるだけで腰痛は治る』(ぴあ)『足ゆび力』(ガイドワークス)など。『TokyoNHK2020』サイトでも一年間に渡り、パラリンピックスポーツの取材を行い、「将棋をスポーツ化した競技『ボッチャ』」などを寄稿。 株式会社ダブルインフィニティ代表取締役でもあり、JFA協力、Jリーグと制作したDVD『審判』、日本サッカー名シーン&ゴール集『Jリーグメモリーズ&アーカイブス』の版元。現在『レフェリー』の販売中。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!