2024年 2月 23日 (金)

「値下げ」が続く自賠責保険 23年度は約10%安くなるワケ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   値上げラッシュの中で、珍しく値下げが続いているものがある。自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料だ。2023年度は10%ほど安くなる見通しだと報じられている。自動ブレーキなど安全装置が普及し、交通事故が減ったことが大きな理由だという。

  • 交通事故自体は20年ほど前から減っている
    交通事故自体は20年ほど前から減っている
  • 交通事故自体は20年ほど前から減っている

保険金の支払額が減っている

   自賠責は自動車や二輪車の所有者に加入が義務付けられている。年間4000万台弱の契約がある。人身事故のみが補償の対象。

   保険料は2年契約。乗用車の場合、約2万円なので、23年度は2000円ほど安くなりそうだ。正式には、23年1月にも開かれる金融庁の審議会を経て決まるとされている。

   日経新聞によると、今回は、2017年に9年ぶりに下げてから4度目の下げとなる。20年には平均で16.4%下げ、21年にも6.7%下げた。22年は据え置きだった。

   自賠責は「ノーロス・ノープロフィット」の原則に従って、利潤や損失を出さないように設計されている。したがって全体の支払いが減れば保険料も値下げされる。

   損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構によると、自賠責の保険金支払額は、13年度は8000億円を超えていたが、16年度ごろから減り始め、19年度、20年度と減少が加速。21年度はさらに大きく減って約5600億円になっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!