2024年 2月 27日 (火)

サイボウズ「kintone」メタバースで体験イベント VRの名物キャラも応援に

提供:サイボウズ株式会社

   「サイボウズ株式会社」が、メタバース(仮想空間)上で開かれたイベントで、自社製品「kintone(キントーン)」を紹介した。「kintone」はウェブブラウザー上で、「業務報告アプリ」や「新商品提案フォーム」といった社内向けのウェブアプリを簡単に作成し、業務用のデータベースを構築できるクラウドサービスだ。

   世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Winter」(Vket、2022年12月3日~18日)に、kintoneの紹介ブースを出展。そこに、VRで活動する名物キャラクター「ビッグカツくん」がやって来た。来年創業50周年を迎えるスグル食品(広島県呉市)グループのスナック菓子「ビッグカツ」のマスコットキャラだ。

  • 「kintone」とビッグカツがコラボ 左がサイボウズのforksさん、右がビッグカツくん
    「kintone」とビッグカツがコラボ 左がサイボウズのforksさん、右がビッグカツくん
  • 「kintone」とビッグカツがコラボ 左がサイボウズのforksさん、右がビッグカツくん

「API」を使って外部サービスと接続可能

   サイボウズのkintoneブースでは、kintoneの解説動画が流れ、時間帯によってはサイボウズの社員がログインしてVketの来場客にkintoneを説明する。ここで12月10日夜、「ビッグカツくん」が1日店長を務めた。

   「バーチャルビッグカツ工場」として自社工場をVR上に再現するなど、メタバース上でさまざまな活動をしているビッグカツくん。「1日店長」として、来場客にkintoneの魅力やブースについての説明を1時間半ほど担当した。

ブースで紹介しているVRChatとkintoneの連携例 データベースの情報をVRChat上でforksさんのアバターに表示
ブースで紹介しているVRChatとkintoneの連携例 データベースの情報をVRChat上でforksさんのアバターに表示

   サイボウズからは、「DevRel」(開発者と自社製品のつながりを作る取り組み)担当の「forks」さんが参加。タコさんウィンナーの見た目をしたアバターを使っている。

   kintoneは、「API」という仕組みを使うと、外部サービスと接続可能だ。ツイッター上のツイート情報を取得したり、VRChatとも「OSC(OpenSound Control)」という機能を使えば連携したりできる。ここで、ビッグカツくんとforksさんのQ&Aタイム。

ビッグカツくん「kintoneを使うと、ツイッター上でリツイートキャンペーンを行い、『ツイートのリツイートが1000を超えるとVRChatのアバターの服がはじけ飛ぶ』という企画もできるんですか?」
forksさん「できます。ツイッターの情報は、kintoneで定期的に集計可能です。あとはOSCを使い、設定したリツイート数ごとにアバターでアニメーションが動くようにすれば、完了です」
1日店長としてのやる気の表れか ビッグカツくんの目玉はkintone仕様
1日店長としてのやる気の表れか ビッグカツくんの目玉はkintone仕様

   ビッグカツくんは、ブースで訪問客にも対応した。「なんで(サイボウズのブースの店長が)ビッグカツなんですか?」と聞かれたり、「サイボウズはビッグカツも作っているの?」と驚かれたり。これには「ビッグカツを作っている会社が、サイボウズの製品を宣伝しています」と答えていた。

1日店長として接客をするビッグカツくん
1日店長として接客をするビッグカツくん
kintoneブースの見どころのひとつ サイボウズが発行する技術系同人誌を立ち読みできる
kintoneブースの見どころのひとつ サイボウズが発行する技術系同人誌を立ち読みできる
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック