2024年 3月 3日 (日)

コロナまたも新たな変異ウイルス 感染しやすさ、ワクチンの効果どうなる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。このところ目立つのは、オミクロン株「BA.5」などから変異・派生した新たなウイルスによる感染が増えていることだ。2022年夏の「第7波」では、ほとんどすべてが「BA.5」による感染だったが、現在は7割弱に落ち込んでいる。

  • 年末年始に感染拡大が懸念される
    年末年始に感染拡大が懸念される
  • 年末年始に感染拡大が懸念される

第7波は「BA.5」が98%

   東京都は12月22日、新型コロナウイルスに関するモニタリング会議の資料を公表。その中で、ゲノム解析によるコロナウイルスの種類別の比率を明らかにしている。

   それによると、第7波はオミクロン株の変異ウイルス、「BA.5」が主流。7月は83.1%、8月は98.0%、9月は98.4%。10月も90.4%を占めていた。しかし、11月は73.9%と大きく減り、12月は68.1%まで落ち込んだ。

   替わって増えたのは、新たに変異・派生したウイルス。12月は、「BQ.1.1」が9.4%、「BF.7」が8.0%、「BN.1」が6.4%、「BA.2.75」が4.1%、「BQ.1」が2.5%など。

   「BQ.1」や、「BQ.1.1」は、「BA.5」に新たな変異が加わったもの。オミクロン株の「BQ.1」系統と呼ばれている。

   「BA.2.75」は、3月から6月にかけて流行した「BA.2」から派生した新たな変異株。そこからさらに派生したのが「BN.1」だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!