2024年 5月 27日 (月)

メタバースの「スパ」でととのう 湯気もリアル、没入感たっぷり世界の作り方

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   無料で使えるメタバース(仮想空間)プラットフォーム「VRChat」(VRC)には、個人ユーザーが制作した「ワールド」(メタバース内の世界)が多数公開されている。訪れたユーザーは3D空間内のゲームで遊んだり、写真撮影を楽しんだりできる。

   VRChatユーザーの「みきねる」さんは2023年1月25日、「Project SPA」というワールドを一般公開した。ホテルやスーパー銭湯の大浴場のような空間だ。ワールドづくりのモチベーションや、意識しているポイントについて、本人を取材した。

  • VRChat「Project SPA」内で取材に応じるみきねるさん
    VRChat「Project SPA」内で取材に応じるみきねるさん
  • 細部の情報量も意識した脱衣所
    細部の情報量も意識した脱衣所
  • サウナ内の熱気が伝わる
    サウナ内の熱気が伝わる
  • 空中に浮かぶコンサートホールのような空間「Project SmallMusicSpace」
    空中に浮かぶコンサートホールのような空間「Project SmallMusicSpace」
  • 懐かしい雰囲気の「敗北居酒屋かがさき」
    懐かしい雰囲気の「敗北居酒屋かがさき」
  • 記念撮影 後ろに写っているのはみきねるさんのフレンド 左から「らぼ」さん 「まさし」さん 「てねくす」さんだ
    記念撮影 後ろに写っているのはみきねるさんのフレンド 左から「らぼ」さん 「まさし」さん 「てねくす」さんだ
  • VRChat「Project SPA」内で取材に応じるみきねるさん
  • 細部の情報量も意識した脱衣所
  • サウナ内の熱気が伝わる
  • 空中に浮かぶコンサートホールのような空間「Project SmallMusicSpace」
  • 懐かしい雰囲気の「敗北居酒屋かがさき」
  • 記念撮影 後ろに写っているのはみきねるさんのフレンド 左から「らぼ」さん 「まさし」さん 「てねくす」さんだ

現実の「あるある」を詰め込む

   「Project SPA」に入ると、まず脱衣所が目の前に広がる。衣服用のカゴを備えた棚、鏡の付いた洗面所、鍵のささったロッカーや体重計と、公共の浴場でよく見かけるアイテムが3Dモデルとして備えられている。

   リアリティーや没入感のある空間を作るうえで、「『あるある』を詰め込むことが大事」とみきねるさんは話す。現実の施設にある細かい要素を取り入れ、3D上で表現して、目に入る「情報量」を増やすようにしているのだ。

   Project Spaはもともと、「電脳の湯」という、VRChatユーザー同士で開催している雑談イベント用に作ったワールドだ。実はサウナ室と露天風呂も存在するが、一般公開版「Project SPA」だと「清掃中」との看板が掲げられて立ち入りできない。今回はサウナにも入らせてもらった。

   記事に掲載した写真ではわかりづらいが、サウナ内に入ると視界が白く曇り、ムワッとした熱気が伝わってくるかのようなリアルな演出がなされている。湿気の存在をユーザーに感じさせるため、照明の光が空気中の水分に反射する様子も表現している。細かい部分だが、没入感を持たせる工夫だ。

   「例えば現実でサウナへ行ったとき『自分は今サウナに居る』という実感を、人間は何から得ているのか」。みきねるさんは、外出中や旅行中に訪れた施設や街の風景を注意深く観察し、「なぜそう見えるのか」を注意深く観察するようにしている。サウナの演出もこうした現実での観察を経て再現している。

   観察により得た細かい視覚情報をCGで再現し、「『その場所にいる感』を演出するよう意識」しているとのことだ。現実のガラスを例にとると、完全に無色透明なわけではなく、ガラス同士を重ねるとやや緑色がかって見えることが多いという。VR上のサウナ室のドアのガラスもリアルにするため、ふちの部分を少し緑色に設定している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!