2024年 4月 23日 (火)

キッコーマン「豆乳飲料」ユニークな味多い 「草のような香り」と言われた過去

   キッコーマンの豆乳飲料といえば「麦芽コーヒー」味や「ココア」味、「バナナ」味など多くの種類があり愛飲者も多い。一方で、たまに発表される新味の中には変わり種も多く、インターネット上で話題になる。

   2023年2月27日に発売される豆乳飲料もかなりの変わり種で「レモネード」に「クリームソーダ」という味の予想がつかない商品に――。キッコーマンに挑戦するワケを聞くと、「ワクワク・ドキドキ」だという。

  • 豆乳飲料に「レモネード」「クリームソーダ」が登場(画像はキッコーマンの提供)
    豆乳飲料に「レモネード」「クリームソーダ」が登場(画像はキッコーマンの提供)
  • 豆乳飲料に「レモネード」「クリームソーダ」が登場(画像はキッコーマンの提供)

「手に取るきっかけになれば」

   取材に答えたキッコーマンの担当者によると、23年1月現在、26種類の豆乳飲料を販売している。また、これまでに100種類以上の味を販売してきたという。

   担当者は、「お客様にワクワク・ドキドキしていただける商品になるかどうかを重視しています」と答えた。普段豆乳を飲まない人にも「手に取るきっかけになれば」という思いからで、人気の味や話題の味など、色々な味わいに挑戦してきた。新商品を開発する際には、毎回30種類程度の味を考えている。発売のタイミングなども含めて、試行錯誤しているという。

   過去に販売した豆乳飲料のなかで、反響が大きかったのは「焼きいも」味だという。2007年に発売し、好評を受け、多様な味を展開するきっかけになった。担当者によると、その後も秋冬の季節限定商品として不定期で販売している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!