2024年 5月 20日 (月)

「哀しみのベラドンナ」50周年記念展 クラシックアートをNFTで語り継ぐ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   虫プロダクションが製作したアニメーション映画「哀しみのベラドンナ」の、50周年記念展・NFT発行イベントが、東京・原宿のSOMSOC Galleryで2023年2月26日まで開催されている。

   会場では、当時の原画および複製原画の展示販売、オリジナルグッズ販売ほか、NFT(非代替性トークン)作品が発表されている。2月14日のメディアプレビューに足を運んだ。

  • 「哀しみのベラドンナ」複製原画は、全て10エディション限定販売
    「哀しみのベラドンナ」複製原画は、全て10エディション限定販売
  • 「哀しみのベラドンナ」50周年記念展
    「哀しみのベラドンナ」50周年記念展
  • スクリーンに流れる動画
    スクリーンに流れる動画
  • 当時の原画および複製原画がずらり
    当時の原画および複製原画がずらり
  • 「哀しみのベラドンナ」複製原画は、全て10エディション限定販売
  • 「哀しみのベラドンナ」50周年記念展
  • スクリーンに流れる動画
  • 当時の原画および複製原画がずらり

彼女はいかにして「魔女」になったか

   2階のアートギャラリーに上がると、正面のスクリーンと、視線が合ったように錯覚した。「哀しみのベラドンナ」の一部を紹介するショートムービーが流れており、妖艶な雰囲気をまとう主人公・ジャンヌの顔や肢体が、しばしば大写しになる。

「SOMSOC Gallery」2階
「SOMSOC Gallery」2階

   同作は1973年公開(配給は日本ヘラルド映画)で、漫画家・イラストレーターの深井国さん、林静一さんといったアーティストが制作に携わった。

   舞台は、中世フランスの農村。SOMSOC Gallery共同運営者・宮崎壮玄さんが発表資料に寄せたコメントによると、「ざっくりまとめると主人公のジャンヌがいかにして魔女になったかが描かれている」。性暴力、男性中心主義や階級間搾取といった、センシティブなテーマをいくつも抱えている。

   物語はファンタジー童話がベースであり、「現実世界」と「精神世界」で表現に差が出るのが特徴だ。前者は、一枚の長い絵画とカメラワークで描写し、後者はアニメーション技法を多用している。発表資料によると、「実験的とも言っていいこの作品はアート映画としても世界に注目された」。

会場に展示されていた、横長の絵画
会場に展示されていた、横長の絵画
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!