コロナと自炊力 白央篤司さんは「ツレ」のチャーハンに感謝

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   オレンジページ(2月17日号)の「白央篤司のマイペース自炊日記」最終回で、フードライターの白央(はくおう)さんが自炊力の効用について書いている。

   筆者は同居して7年になる「ツレ」と家事を分担し、もっぱら本職にも関わる炊事全般、そして猫2匹の世話を任されている。連載では、自分が作り ツレと二人で食べた料理を紹介してきたが、最終回はこれまでにない展開となった。

「起きたら寒気がして、関節が痛む。イヤな予感。体温を測れば38度5分、検査を受けたらコロナ陽性だった。幸いなことに重症化せず解熱剤もまあまあ効いたので、のどの激しい痛みとふらつき以外は悩まされなかったけれど、やっぱり不安だったなあ」

   1月下旬の話らしい。問題は、白央さんの本職ともいえる「自炊」が途切れたことだ。熱発して2日間は息苦しく、肺炎に進行する不安に苛まれた。3日目の朝、身体がややスッキリしたのを境にゆっくり快方に向かったが、炊事は同居人の出番となった。

   食べなきゃウイルスと闘えない。病中も食欲が衰えない白央さん、ツレにある料理をリクエストした。高熱にあえいでいる時からずっと食べたかった一皿だ。

   「しらすとねぎをたっぷり入れたチャーハン」である。

  • 冨永作 シラスとネギの炒飯(レシピなし)
    冨永作 シラスとネギの炒飯(レシピなし)
  • 冨永作 シラスとネギの炒飯(レシピなし)

好物をレシピ化

   だが、作り方を細かく伝えるまでの気力はない。そもそも、会話や接触は極力避けるのがコロナのイロハ。そこで「しらすとねぎでチャーハンが食べたい」とだけ伝えた。出てきたものはイメージ通りだった。油は最小限で塩は控えめ、卵も入っている。

「以前に私が似たようなチャーハンを作って出したことがあり、その印象が残っていたのかもしれない。弱っているときに望みの味を得られて、ずいぶんと心にしみた」

   心身ともに衰える闘病中は、他人の厚意や善意を何倍にも感じるものだ。

「誰かと暮らす場合、お互いにそれなりの自炊力があるというのは本当に大事なことだ...いざというときに交代できるのもあるけど、『あの人は自分で自分をまかなえる』という安心感は、今回みたいに療養が必要な上ではとても大きなものだった」

   好物や得意料理は違っても、それぞれに最低限の自炊スキルが備わるカップルは非常時にも強い。これは掃除洗濯など家事全般、もちろん育児にもいえることだ。

「人生何が起こるか分からない。もし私がもっと高齢だったら、あるいは解熱剤が効かなかったら...と考えてゾッとする。うちのツレはレシピがあれば大抵のものは作れる。今のうちに、あの人の好物をレシピ化しておこう。私の身に何かあったら、たまには作って思い出してほしい...などと先に逝く前提で考えてしまう(笑)」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

姉妹サイト