2024年 5月 30日 (木)

メタバースで図書館体験「NDC Library」 青空文庫活用で1万6377冊

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   メタバース(仮想空間)に、図書館のように整列された書籍を手に取って読める空間がある。2023年2月1日に公開された、「[JP] NDC Library」というワールド(VR上の空間)だ。無料で利用できるメタバースプラットフォーム「VRChat」から入れる。

   配架されている図書1万6377冊は、著作権が切れた作品を収集するプロジェクト「青空文庫」で公開されている電子本をもとにしている。「NDC Library」制作者の「ねむり木」さんに取材した。

  • 「[JP] NDC Library」で取材に応じるねむり木さん
    「[JP] NDC Library」で取材に応じるねむり木さん
  • 配架されている本の分類記号を表示してくれる本棚
    配架されている本の分類記号を表示してくれる本棚
  • 手に取った本は実際にめくって読める
    手に取った本は実際にめくって読める
  • 本を手軽に検索できる機能も備わっている
    本を手軽に検索できる機能も備わっている
  • 「[JP] NDC Library」で取材に応じるねむり木さん
  • 配架されている本の分類記号を表示してくれる本棚
  • 手に取った本は実際にめくって読める
  • 本を手軽に検索できる機能も備わっている

モノトーンの世界で読書にふける

   「NDC Library」は、白やグレーをベースにしたモノトーン調のワールド。アクセス時にアバターが配置される初期位置は、真っ白な中庭のような場所だ。目の前にある階段を上がって建物の中に入るとすぐ、いくつもの本棚が目に入ってくる。

   本棚の側面には「2 歴史」「3 社会科学」といった具合で、図書を種類分けする「日本十進分類法」(NDC)に基づいた分類記号や図書のカテゴリ名が振られている。

   棚側面の下部には「28 伝記」「31政治」などと、より細かい分類が書かれている。本棚の中には、五十音順で並べられた著者名ごとに本が配架されている。

   例えば芥川龍之介の小説が読みたければ、「9 文学」の棚のあるエリアに移動し、細かい分類として「91 日本文学」と側面に記載されている棚を探す。そして「あ行」の著者名の本が置かれている部分で、「芥川」を見つける。現実の図書館と同じように、本を探せる。

   本の背表紙には、芥川の作品なら「913 あ」など、やはり現実の図書館のように分類記号や著者名の頭文字が振られたラベルが貼られている。

   読みたい書籍を選び、本棚から取り出す。ページごとにテキストで内容がつづられており、VRコントローラーを使ってめくれる。本の上部をつかんでひっぱる動作をすれば、書籍サイズを大きく引き伸ばせる。テキストサイズが小さいと感じたときに便利だ。

   建物の中には、より簡単に本を探せる検索機が設置されている。検索方法としては、まず「作品名」か「著者名」を選び、検索したい名称の頭文字のボタンを押す。左側の画面にヒットしたタイトルや著者の一覧が表示される。読みたい本の項目を押せば、機械の上に対象の書籍が出現する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!