2024年 3月 4日 (月)

卵不足で「人形焼」7種類販売停止 浅草の老舗「常盤堂雷おこし本舗」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京・浅草の老舗で、雷門の横に本店を構える「常盤堂雷おこし本舗」。原料の卵不足に伴う人形焼の販売休止を2023年2月3日に発表し、同日から実施中だ。人形焼は、店舗在庫限りとしている。

   観光業は、コロナ禍で打撃を受けた。浅草も例外ではない。国内外の観光需要がようやく回復しつつあり、この先インバウンドの復活を期待できるかというさなか、「まさか」の事態に襲われた。

  • 浅草にも鳥インフルエンザの影響が…
    浅草にも鳥インフルエンザの影響が…
  • 浅草にも鳥インフルエンザの影響が…

液卵の安定供給の回復「8月ごろ」

   鶏卵原料の不足は、鳥インフルエンザの影響が大きい。そのため、大手外食チェーン店や北海道土産で発売停止する例が出ている。「物価の優等生」と言われてきた卵だが、今回は家庭にも直撃した。価格は、過去最高値を更新し続けている。

   「常盤堂雷おこし本舗」は、店名の通り「雷おこし」が看板商品だが、浅草名物の人形焼も販売している。

   発表資料よると、店舗及び通信販売で、人形焼7種類が販売停止になる。高病原性鳥インフルエンザ拡大で、取引先の液卵メーカーから原料の供給制限が通達されたこともあり、販売休止を決定したとの説明だ。

   また、「鳥インフルエンザの感染拡大は春先ごろまで続く見込みで、液卵の安定供給の回復には8月ごろのとの報告を受けております」(原文ママ)と、影響が長引く可能性を示している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!