2024年 2月 24日 (土)

中日・土田龍空「書かなければよかった」 サイン転売でファンサ縮小心配

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球選手が練習キャンプ中などにファンサービスとして行うサイン執筆。こうした直筆サイン入りのボールや色紙が、インターネット上で高額転売される事例が相次いでいる。ツイッター上の野球ファンからは今後、選手にサインを求める行為が禁止されるのではないかと心配する声がみられる。

   書いた選手本人が転売に苦言を呈することも。中日ドラゴンズの土田龍空選手は2023年2月28日未明、自身の直筆サイン入りのユニフォームグッズがオークションサイトで転売されている様子をインスタグラムのストーリー機能で投稿。「時間を割いて書いてるのに悲しいですよね 書かなければよかった」と述べた。

  • ファンにとっては嬉しいサインが高額転売に
    ファンにとっては嬉しいサインが高額転売に
  • ファンにとっては嬉しいサインが高額転売に

ソフトバンク和田投手「悲しいっすね」

   2月1日付日刊スポーツ(電子版)によると、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けが5類へ引き下げられるのを前に、球界では感染対策の緩和が進んでいる。多くの球団ではキャンプ地の来場者数の制限を廃止。コロナ禍で禁止されていたサインといったファンサービスは、制限付きで解禁されるようになった。

   2月11日のツイッターでは、西武ライオンズのキャンプ地に行ったとおぼしきファンのツイートが注目を集めた。同球団の隅田知一郎投手がファンサービスを実施していたところ、同一人物が5回も隅田投手にサインを求めていたことに気付き、転売目的とみなしてこの人物をとがめた、とする投稿だ。

   2月17日付デイリースポーツ(電子版)によると、福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手は同日にインスタグラムのストーリーを更新。自身の直筆サインボールがネットオークションにて2万2000円で投稿されている様子の写った画像とともに、「悲しいっすね...」とつづったとのことだ。

   2月16日付FNNプライムオンラインによると、同日の情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)では西武の練習場を訪れたファンに取材。話によると、来場者の間から「どれくらいサインもらった?」「数万円分くらいかな」という会話が聞こえてくることがあったという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!