2024年 5月 22日 (水)

メタバースの大空を戦闘機で飛ぶ 敵機発見、撃て!でも相手が強すぎる

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   メタバース(仮想空間)プラットフォーム「VRChat」には、国内外のクリエイターが作ったワールドが無数にある。今回取り上げるのは、「(SinglePlayer)(Preview) Project Fairy EP1 ConceptWorld」と題されたワールドだ。海外のユーザーが作った。戦闘機を操ってコンピューターとの戦いを楽しめる。

   2023年2月11日に公開された。これは小説・アニメ「戦闘妖精・雪風」をモデルにしたワールド。架空の惑星「フェアリィ」における、人類と正体不明の敵「ジャム」の戦いを描く航空SF作品だ。

  • 航空SF「雪風」シリーズをモデルにした「(SinglePlayer)(Preview) Project Fairy EP1 ConceptWorld」
    航空SF「雪風」シリーズをモデルにした「(SinglePlayer)(Preview) Project Fairy EP1 ConceptWorld」
  • Start Episodeを選び、ゲームが始まる
    Start Episodeを選び、ゲームが始まる
  • 世界観に没入できるようなラジオ音声が流れてくる
    世界観に没入できるようなラジオ音声が流れてくる
  • 「OBJETIVE」という地点に向かい、ミッションをこなしていく
    「OBJETIVE」という地点に向かい、ミッションをこなしていく
  • 敵5機が出現 戦闘開始
    敵5機が出現 戦闘開始
  • 左下の戦闘機図面は被弾箇所ごとに赤くなる
    左下の戦闘機図面は被弾箇所ごとに赤くなる
  • 航空SF「雪風」シリーズをモデルにした「(SinglePlayer)(Preview) Project Fairy EP1 ConceptWorld」
  • Start Episodeを選び、ゲームが始まる
  • 世界観に没入できるようなラジオ音声が流れてくる
  • 「OBJETIVE」という地点に向かい、ミッションをこなしていく
  • 敵5機が出現 戦闘開始
  • 左下の戦闘機図面は被弾箇所ごとに赤くなる

ストーリー没入できる導入

   「Project Fairy EP1 ConceptWorld」に入ると、まずユーザーは暗い格納庫の中に降り立つ。架空の戦闘機「スーパーシルフ」1機が設置されている。

   ワールド内の説明によると、これはあくまでテスト版のワールドであり、プロジェクトとしては全体の「5%の進捗状況」とのことだ。英語のほか日本語の説明文もあり、ある程度操作方法が解説されている。コックピットに搭乗し、モニターのメニューにある「Start Episode」の項目を選択するとゲーム開始だ。

   格納庫全体が明かりで照らされ、警報が鳴り響く。プレーヤーの機体が、外に向かって自動的に運ばれていく。同時に、「先日、マクマード基地を襲撃した組織については、詳しいことは全く判明しておらず、一部にはロス氷湖で発見された巨大な気流体との関係を指摘する声も...」と、ラジオの音声が流れてくる。ストーリーに没入できる演出だ。

   機体はエレベーターを上がり、滑走路に出る。エンジンスタートボタンを押すと、機体高度やミサイルの残弾数といった情報画面が視界に出現する。一気にパイロット気分に浸れる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!