2024年 6月 16日 (日)

マスク着用「個人の判断」に あなたはどうする?世論調査で見えた意識

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスの感染対策として、マスクの着用が強く推奨されてきたが、2023年3月13日から、着用は個人の判断に任されることになった。世論調査では、メディアによって多少の差はあるものの、規制が緩和されても当面マスクは外したくないという人がまだ多い。

  • 着用は個人の判断に任されることに
    着用は個人の判断に任されることに
  • 着用は個人の判断に任されることに

厚生労働省が告知

   厚生労働省はウェブサイトで、「令和5年3月13日以降のマスク着用の考え方について」を告知している。

「個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねることになります。本人の意思に反してマスクの着脱を強いることがないよう、個人の主体的な判断が尊重されるよう、ご配慮をお願いします」

   3年余りに及ぶマスク生活が大きく転換することについて、大手メディアは、この一か月ほどの間に次々と世論調査をしている。

   NNNと読売新聞の調査では、今後のマスク着用について、「できるだけ着けたい」が60%。「できるだけ着けたくない」の34%を大きく上回った。

   NHKの調査では、「引き続きつけると思う」が50%、「外すことが増えると思う」が38%、「常に外すと思う」が6%だった。

   JNNの調査では、ルールの緩和後はマスクを「できるだけ外す」と答えた人は21%、今後も「できるだけ着ける」と答えた人が55%となっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!