2024年 6月 17日 (月)

「亡き妻の歌声」AIに学習させMVに 第1回「AIアートグランプリ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   AIにできる芸術的表現は、「お絵描き」にとどまらないようだ。

   AI(人工知能)を活用して生み出したアート作品のコンテスト、第1回「AIアートグランプリ」が2023年3月12日に東京・秋葉原で開催された。応募総数279件の中から初代グランプリに輝いたのは、10年近く前に旅立った妻の歌声をAIで再現し、歌わせたクリエイター・松尾Pさんだ。

  • 松尾Pによる、「Desperado by 妻音源とりちゃん[AI]」のプレゼンテーション
    松尾Pによる、「Desperado by 妻音源とりちゃん[AI]」のプレゼンテーション
  • グランプリ受賞者の松尾Pさん。賞金10万円と、RTX4080搭載のガレリアが贈られた
    グランプリ受賞者の松尾Pさん。賞金10万円と、RTX4080搭載のガレリアが贈られた
  • 第1回「AIアートグランプリ」
    第1回「AIアートグランプリ」
  • 準グランプリとなったファイナリストたち。(左から)朱雀さん、機能美pさん、koizoom1さん、TRICYCLE FILMさん
    準グランプリとなったファイナリストたち。(左から)朱雀さん、機能美pさん、koizoom1さん、TRICYCLE FILMさん
  • 動画「Artificial Insanity」のプレゼン(TRICYCLE FILM)
    動画「Artificial Insanity」のプレゼン(TRICYCLE FILM)
  • 漫画「渚の妖精ぎばさちゃん対キモノアゲハ」のプレゼン(koizoom1)
    漫画「渚の妖精ぎばさちゃん対キモノアゲハ」のプレゼン(koizoom1)
  • 準グランプリに加え、急きょ設けられた「審査員特別賞」も受賞した、機能美pさんによるプレゼン
    準グランプリに加え、急きょ設けられた「審査員特別賞」も受賞した、機能美pさんによるプレゼン
  • 漫画「夢遊音速(ドリームマッハ)」のプレゼン(朱雀)
    漫画「夢遊音速(ドリームマッハ)」のプレゼン(朱雀)
  • 松尾Pによる、「Desperado by 妻音源とりちゃん[AI]」のプレゼンテーション
  • グランプリ受賞者の松尾Pさん。賞金10万円と、RTX4080搭載のガレリアが贈られた
  • 第1回「AIアートグランプリ」
  • 準グランプリとなったファイナリストたち。(左から)朱雀さん、機能美pさん、koizoom1さん、TRICYCLE FILMさん
  • 動画「Artificial Insanity」のプレゼン(TRICYCLE FILM)
  • 漫画「渚の妖精ぎばさちゃん対キモノアゲハ」のプレゼン(koizoom1)
  • 準グランプリに加え、急きょ設けられた「審査員特別賞」も受賞した、機能美pさんによるプレゼン
  • 漫画「夢遊音速(ドリームマッハ)」のプレゼン(朱雀)

「AIで愛になる」

   本イベントは、AIアートグランプリ実行委員会と、ドスパラ(サードウェーブ)の共催。CGアーティストの河口洋一郎氏(東京大学名誉教授)ら審査員の前で、ファイナリスト5名がプレゼンテーションを行った。動画「Desperado by 妻音源とりちゃん[AI]」を手掛けた、松尾Pさんは3番目に登場。

   プレゼンが始まると、スクリーンに映像が流れた。女性が歌う、イーグルスの「Desperado」も聞こえる。ただ、松尾さんによると「元となっているのは自分の歌声」(a)。それもそのはず、応募作品「Desperado by 妻音源とりちゃん[AI]」は、 (a)を、亡くなった妻の歌声・話し声1時間分のデータなどを声質変換ソフトウェアに学習させて生成した歌声(b)に、変換させて作り出したものだからだ。

trend_20230313163217.jpg
歌に合わせ、スクリーンに表示される妻のAI写真は、無料作画AIサービス「Memeplex」で作成したデータ

   松尾さんは、今回のコンテストのためにAI音源を作ったわけではない。妻が2013年6月に他界した後、生前に録音していた歌唱データ3曲をもとに、同年9月には合成音源「妻音源とりちゃん」を誕生させていた。

   その音源を使い、100曲以上も手掛けるが、MV(ミュージックビデオ)に使える写真と動画が枯渇する、という悩みに直面。そうしたとき、オープンソースの画像生成AIサービス「Stable Diffusion」が現れ、手元にあるデータから、新しい写真を作り出す手段を得た。

   松尾Pさんの、妻への思いは留まるところを知らず、3Dプリンタを用いた「等身大での立体化」にもチャレンジしている。プレゼン終了後、審査員の一人で、映画監督の樋口真嗣氏から「(あなたのことが好き、という)感情がモチベーションの原点になっている。10年間続けるために、何が一番必要でしたか」と尋ねられると、松尾Pさんは

「愛だと思います。AIで愛になる」

と答え、AIのおかげで「燃料がたくさん出来た」と語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!