2024年 4月 23日 (火)

「佐野らーめん」で町おこし 移住とセットでラーメン店の開業を支えます

   栃木県佐野市の名物「佐野らーめん」を学び、佐野市で生計を立ててもらおう。「佐野らーめん予備校」は、市が支援するユニークな取り組みだ。

   プロジェクトは2019年から始まり、店を開業した人もすでにいる。現在、12期生の募集中だ。

  • 伝統的な製麺技法「青竹手打ち」
    伝統的な製麺技法「青竹手打ち」
  • 伝統的な製麺技法「青竹手打ち」

41人の応募が

   「佐野らーめん予備校」は、市内への移住と佐野らーめん店の開業や事業継承をセットで支援するプロジェクト。「基礎研修」、「本格修業」、「開業サポート」の3段階にわけて手厚くサポートする。

   基礎研修では、佐野らーめんの作り方や飲食店に必要な資格についての講習、さらには税金関係の申請、経営やマーケティングなど、経営に必要な知識を幅広く基礎研修として学ぶ。その後、事業継承や独立開業などに向けて既存店で修業するか、飲食店経験者であれば早い段階で開業を目指すことも可能だ。

   ラーメン店の開業を目指す人にとっては魅力的なプランだが、「移住」が条件に組み込まれている。定期開催するほど人が集まるのだろうか。J-CSATトレンドは、佐野市役所総合政策部の移住・定住係担当者に取材した。担当者によると、1期生から11期生まで、41人の応募があり17人が卒業したという。

   やはり条件として「移住」は重く見られる場合もあるが、と前置きをした上で、「移住を考えたとき、移住先での仕事というのが最大の課題になっています」と話す。

   街に対していい印象を持っても、仕事が見つけにくいと移住まで結びつかないという。佐野らーめんは市内最大の地域資源だ。移住と佐野らーめん店の開業までサポートするこの取り組みから、実際に4店舗が開業し、「卒業後に移住して、どの店も順調に運営をされていますので、成果は出ているのではないのかなと考えています」と、話した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!