2024年 5月 22日 (水)

WBC「侍ジャパン」視聴率も絶好調 大谷、ヌートバー、令和の怪物が躍動

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

【J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】

   「第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」、侍ジャパンは快進撃を続けている。連日のテレビ放送には、多くの人が釘付けに。日刊スポーツの2023年3月17日付記事によると、16日放送の準々決勝「日本-イタリア」(19時9分〜21時54分)は、平均世帯視聴率が48.0%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録した。

   今週のJ-CASTトレンドでは、WBCの話題に関する記事を多く取り扱った。

  • WBC 準々決勝での大谷選手、ヌートバー選手、近藤選手(写真:CTK Photo/アフロ)
    WBC 準々決勝での大谷選手、ヌートバー選手、近藤選手(写真:CTK Photo/アフロ)
  • WBC 準々決勝での大谷選手、ヌートバー選手、近藤選手(写真:CTK Photo/アフロ)

WBC、テレビのようす

■WBC初戦「視聴率」41.9% 過去大会、そしてサッカーW杯と比べたら

   日本代表「侍ジャパン」は1次ラウンド初戦、中国に8対1で快勝した。東スポWEBの2023年3月10日付記事によると、この試合の放送後半部分の平均世帯視聴率は、41.9%を記録した(同)。スポーツの国際大会は、高視聴率を記録するケースが珍しくない。

■WBCテレビ中継の「日本通運」CMに違和感 現メンバーにいない「侍」が

   初戦は、地上波だとTBSが中継した。試合の合間には、日本通運による侍ジャパンを起用したCMが何度か放映されたが、放送中に視聴者からはあるツッコミが相次いだ。現在の侍メンバーに登録されていない選手が複数人混じっていたからだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!