2024年 5月 27日 (月)

「AI部下」大量採用 LINEアプリ「ばりぐっどくん」で業務負担減

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アプリ開発など幅広く手掛ける西海クリエイティブカンパニー(長崎県西海市)は、同社が提供するAIを活用したLINEアプリ「ばりぐっどくん」シリーズの合計ユーザー数が、333万人以上を記録したと、2023年3月16日に発表した。同時に、社員1人あたり2種類以上のAIを部下に持つことを義務化した。

   AIにどのような業務をサポートさせているのか。同社代表取締役の宮里賢史さんに取材した。

  • 「近未来・傑作・人工知能」で出来上がったイラスト
    「近未来・傑作・人工知能」で出来上がったイラスト
  • 記者が描いてもらった「オムライス」
    記者が描いてもらった「オムライス」
  • 「近未来・傑作・人工知能」で出来上がったイラスト
  • 記者が描いてもらった「オムライス」

AIのアシストで、ミーティング大成功

   現在公開されている「ばりぐっどくん」は20種類超。同社では、メール文作成、プレスリリース、ウェブページの文章、名刺デザイン、パワーポイントの資料作成(文字部分)を、原則全て、まずAI(ばりぐっどくんシリーズ)で作ることを義務付けている。

   「(この作業を)AIでやるなら?」という疑問からスタートし、その後「人間だからできる部分」に着手する。このフローを徹底すると、「AIに任せていいこと」と「自分だからできること」を、くっきりと区別できる、と宮里さんは考えた。

   さまざまな企業と連携している同社は、チャット型AIの「ChatGPT」を活用した「教えてばりぐっどくん」を使って、ミーティング前の準備も行う。議題をテキスト入力し、「アイデアを30個」ほど用意させるのだ。具体案が出そろった状態でスタートできるため、「30分で企画内容から顧客の意思決定までつながった事例」もあるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!