2024年 4月 19日 (金)

変われぬメディア 武田砂鉄さんは女性飛行士への質問に呆れる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   週刊SPA!(3月14日号)の「ニュース カタリスト」で、武田砂鉄さんがJAXA(宇宙航空研究開発機構)の記者会見を採り上げている。宇宙飛行士の候補に選ばれた男女による、2月28日の会見である。武田さんは、日本女性では3人目の飛行士となる日本赤十字社医療センターの外科医、米田あゆさん(28)への質問にイラダチを隠さない。

「大きな実績を残した(残しそうな)若い女性を見ると、すぐに周辺のあれこれを探り、その素性で語ろうとする。まだこれをやっている」

   筆者が「まだ」としたのは、すぐ前の書き出しでSTAP細胞騒動(2014年)の女性研究者への対応や伝え方に触れたためだ。あれから10年近く経つのに、メディアは何も変わってないじゃないかと。

   米田さんは、家族構成や子どもの有無を問う質問者に〈プライベートのことで回答するのは差し控えさせていただきたい〉と返した。同じ記者が〈若い女性という観点から、宇宙開発にどんな貢献ができるか〉と尋ねると、〈若い女性であるという特性に対して、それを意識してというのではなく...〉と、質問者の視点をやんわり批判した。

「女性芸能人が結婚すると『なお、妊娠はしていない模様』と平気で書くメディアがまだまだ残る。伝える側が改めないと、こういった冷静な返答によって、あまりにも変わらない、変わろうとしない世界が晒されてしまう」
  • 記者会見では、問う側の力量も問われる
    記者会見では、問う側の力量も問われる
  • 記者会見では、問う側の力量も問われる

鋭い質問とは

「数年前、直木賞を受賞した女性の作家に対して、『旦那さんの一番好きな料理は何ですか?』『執筆活動をするにあたって、お子さんがいてよかったな、助けられたなと思った点はありますか?』と聞いた記者がいた」

   武田さんは、その種の質問に戸惑う相手の表情や、会見場の冷ややかな空気を察知すべきだと考えるのだろう。確かに、ジャーナリストやレポーターを名乗る以上、それも含めてのコミュニケーション能力ではある。

「いつもビックリするのは、その質問を投げかけた時点で、相手や周囲が何らかの反応を見せたはずなのに、それを読み取らずに次の質問をしてしまうこと」

   発言だけでなく、表情を読むのも質問者の仕事だ。自分の問いに対する相手の反応すべてを、最終的な記事やレポート、そして次の質問につなげなければいけない。

「どんな人に対してであっても、質問を投げかけるのってとても難しいし、クリエイティブなこと。もしかして、困惑させる=鋭い質問と思っているのだろうか。広い枠で捉えれば同業者、恥ずかしいのでさすがに気づいてほしい」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!