2024年 5月 26日 (日)

AI音声がプロ声優の代役に 「正直怖い」レベルのクオリティー

   対話型AI(人工知能)「ChatGPT」や、画像生成AI「Midjourney」など、AIに関する技術の発展は目覚ましい。最近では、こんなニュースが流れた。

   中国の著名声優が不祥事のために降板となり、AIが代役を務めると、2023年3月31日付の「ZDNET」で報じられた。記事ではそのクオリティーについて、「完璧とまではいかないが、AI音声にありがちな不自然さはなく、多くの人に『素晴らしい』と感じさせる出来だった」としている。

   AI音声が、プロの声優の代わりを立派に務める――そんな事例を調べた。

  • AI、いつのまにか声優デビュー
    AI、いつのまにか声優デビュー
  • AI、いつのまにか声優デビュー

「北斗の拳」内海賢二氏の声よみがえる

   ソニー・ミュージックエンタテインメントは、名作文学をAI音声が読み上げる、新しい電子書籍「YOMIBITO Plus」を、電子書籍ストア「Reader Store」で2023年3月29日に配信開始した。

   アニメ「鬼滅の刃」で活躍した小西克幸氏をはじめ、人気声優の音声を再現したAIが朗読を行う。驚くことに、2013年に亡くなった内海賢二氏の音声も聞ける。

   内海氏は、アニメ「北斗の拳」や「魔法使いサリー」など、数々の名作に出演したことで知られ、AIの音声は内海氏の生前の音源をもとに再現されている。

   ツイッターでは、「まんま内海さんだった」「感動した」と喜ぶ声、「正直怖い」「これはよろしくない」など、さまざまな反応が寄せられている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!