2024年 5月 20日 (月)

私大生は仕送りだけで暮らせない 生活費1日710円、入学費用は過去最高

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   首都圏の私立大学に、2022年に入学した新入生の経済負担状況が、東京地区私立大学教職員組合連合会(東京私大教連)の「私立大学新入生の家計負担調査」調査で分かった。

   23年4月5日に発表された結果によると、「自宅外通学者」の「受験から入学までの費用」は226万円で過去最高を更新した。

  • 楽しいキャンパスライフを送りたいが(写真と本文は関係ありません)
    楽しいキャンパスライフを送りたいが(写真と本文は関係ありません)
  • 楽しいキャンパスライフを送りたいが(写真と本文は関係ありません)

バイトせざるを得ない実態

   この調査は、東京私大教連が1985年から新入生の家庭を対象に行っている。今回は、関東地方4都県の11大学・短大の約4200人から回答を得た。「家計負担」は、宿泊なども含めた受験費用やアパートなどの敷金・礼金、生活用品費などを含めたもの。

   調査対象世帯の「税込年収」は、全体平均で963 万円。毎月の仕送り額は8万8600円。仕送り額から「家賃」をのぞいた生活費は2 万 1300 円。1日あたりの生活費を算出すると 710 円しかなく、アルバイトをやらざるを得ない実態が浮き彫りになった。

   学費などの「入学に必要な費用」を借入れした家庭は 14.3%。「借入額」の全体平均は、196 万 8000 円。自宅外通学者の「借入額」は 212 万円にのぼった。

   日本学生支援機構などの奨学金を「希望する」は全体で 53.7%だったが、実際に奨学金を「申請した」のは 53.3%にとどまった。希望したものの申請しなかった理由は、「申請基準にあわない」が 51.0%。次いで「返済義務がある」が22.0%だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!