2024年 5月 27日 (月)

大谷翔平は1日12時間寝る ビジネスの超大物も勧める「たっぷり睡眠」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大リーグ・大谷翔平選手の睡眠時間は、昼寝もあわせて1日に12時間以上!? 2023年4月11日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、こんな話題が飛び出した。MLBアナリストの古内義明氏が、大谷選手は一日の約半分を睡眠に費やしていると説明したのだ。

   大谷選手のような超一流のプロアスリートだけでなく、多忙を極める世界のビジネスリーダーの中にも、睡眠時間を大事にする人は多い。

  • 「兜」を被った大谷選手(写真:AP/アフロ)
    「兜」を被った大谷選手(写真:AP/アフロ)
  • 「兜」を被った大谷選手(写真:AP/アフロ)

NBAのスーパースターに投資の神様も

   Seiko Watchの公式YouTubeチャンネルで大谷選手は、もし「1日1時間増えるとしたら」という質問に「睡眠じゃないですか」と答え、自身の考えをこう話している。

「単純にそこに一時間増えるだけで、起きている時間のクオリティーが上がるので、そこはやっぱり大事かなと思います」

   長時間の睡眠を重視している選手は、ほかにもいる。米プロバスケットボール(NBA)のトッププレイヤー、レブロン・ジェームズ選手だ。2023年、NBA歴代最多得点記録を33年ぶりに塗り替えたスーパースター。米ニュース専門チャンネル「CNBC」2018年12月23日付のウェブ記事によると、少なくとも8時間以上、時には10時間の睡眠をとっているという。

   記事によると、ジェームズ選手はポッドキャスト「The Tim Ferriss Show」で、睡眠について「体も心も回復して、できるだけ100%の状態に戻る最善の方法」だと説明していたとのこと。8時間、9時間の睡眠を得られたら「もっと素晴らしい」と、長時間睡眠を支持している。

   財界の大物たちも、比較的長い時間寝ている人が少なくない。米国で「投資の神様」と評されるウォーレン・バフェット氏。米公共放送PBSの2017年6月27日付のインタビューで、睡眠について問われこう答えている。

「たっぷり寝ているよ。寝るのが好きなんだ。1日8時間は眠っているね」

   ほかにも、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は1日7時間、米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏は1日8時間の睡眠を確保していると、複数のメディアがこれまで報じている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!