2024年 5月 24日 (金)

浦和レッズサポーター怒らせたACLチケット転売 クラブ側は厳しく対応

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   チケット転売にまたも「神対応」だ。サッカーJリーグ・浦和レッズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦(埼玉スタジアム)、アル・ヒラル戦のチケットを2023年4月16日に発売。直後からインターネット上では高額転売が発生し、ツイッター上では浦和サポーターから「許せない」との怒りの声が続出していた。

   翌17日、浦和は転売行為に関する声明文を公式サイトに掲示。それによると、当該チケットはチケット不正転売禁止法が定める「特定興行入場券」であり、クラブは転売を行なったユーザーの特定作業を進めているという。

  • チケット高額転売にすぐ動いた (画像は埼玉スタジアム)
    チケット高額転売にすぐ動いた (画像は埼玉スタジアム)
  • チケット高額転売にすぐ動いた (画像は埼玉スタジアム)

「警察との連携」も

   サッカー情報サイト「FOOTBALL TRIBE」の4月17日付記事によると、浦和が発売したアル・ヒラル戦のチケットは同日時点でクラブ公式メンバーシップ「REX CLUB」の会員のみ購入可能。

   フリマアプリや通販サイトで高額転売が横行し、REX CLUB会員なら4000~5000円で買えるチケットが4万5000円で転売される事例もあったという。

   浦和の17日付発表によると、同クラブのホームゲームチケットの不正転売はチケット不正転売禁止法で規制されている。加えて、浦和が定める試合に関する規定やチケット販売サービス、REX CLUBの規約でも、公式チャネル(媒体)以外でのチケット転売を禁止していると続ける。

   現在は転売を行なったユーザーの特定作業や手続きを進めており、特定された場合はREX CLUB会員資格のはく奪など必要な対応を講じる。また、「警察との連携を含め然るべき措置を検討、実施」。不正転売されたチケットは無効とし、入場は認めないとのことだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!