2024年 4月 25日 (木)

コロナ今も毎日1万人の新規感染者 大型連休、「5類」移行後の不安

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスへの対応策がまもなく大きく変わる。政府は、感染法上の分類を2023年5月8日から、季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げると決めている。しかし、コロナが消えたわけではない。今も毎日1万人前後の新規感染者が報告されている。多くの人がマスクを外すようになると、5月中旬にかけて再び感染者数が増えるという予想もある。

  • 既に「コロナ前」の通勤風景が戻ってきている
    既に「コロナ前」の通勤風景が戻ってきている
  • 既に「コロナ前」の通勤風景が戻ってきている

感染者数は微増傾向

   4月24日、全国の新たな感染者は1万2475人。テレビ朝日によると、東京都では1909人。先週の火曜日より213人増えて、9日連続で前の週の同じ曜日を上回った。直近1週間の感染者の平均は1357人。前の週と比べて118%となっている。

   一時に比べると大きく減少したが、ゼロになったわけではない。毎日1万人前後が感染し、むしろ、わずかずつだが増えつつある。やや不気味な状態だ。

   今後はどうなるのか--。少し前の記事になるが、読売新聞は4月3日、都内の新型コロナウイルスの感染者数を人工知能(AI)で予測している名古屋工業大の研究チームの分析と推計を紹介している。それによると、5月上旬~中旬、東京都内で新たな感染のピークを迎える可能性があるという。

   ただし、ピークの1日当たりの新規感染者数(1週間平均)は8波を下回り、マスクの着用率が高いほど、感染の波を低く抑えられる。

   マスク着用が2割の場合、5月9日頃がピークで、1日当たりの新規感染者数は8波(1万7423人)の48%にあたる約8300人。半数だと26%の約4600人(ピークは5月14日)で、着用状況が緩和前と同じだと、15%の約2600人(ピークは同月9日)だという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!