2024年 4月 14日 (日)

サービス名に「〇〇GPT」やめてね OpenAIガイドラインに企業あたふた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   対話型AI(人工知能)「ChatGPT」を開発している米OpenAI。2023年4月24日(現地時間)、同社のブランドを利用するときのガイドラインを公開した。OpenAIのAPI(外部のツールと連携できる仕組み)を活用したサービスについて、「〇〇GPT」「GPT-4搭載〇〇」といった表現は用いないよう求めている。

   日本ではすでにChatGPTを活用した上で、名称に「〇〇GPT」と冠するサービスが複数企業から登場している。ガイドラインの発表を受け、改称するケースが出ている。

  • 〇〇GPT名乗ってたけど ガイドライン公開に対応追われる
    〇〇GPT名乗ってたけど ガイドライン公開に対応追われる
  • 〇〇GPT名乗ってたけど ガイドライン公開に対応追われる

発表直後に改称

   業務支援ツールを手がけるギブリー(東京都渋谷区)は日本時間4月24日、法人や行政機関がChatGPTを活用するためのプラットフォーム「法人GPT」「行政GPT」を発表した。一方で翌4月25日、OpenAIのガイドラインに対応するため前者は「法人GAI Powered by GPT-4」、後者は「行政GAI Powered by GPT-4」に名称を変更した。

   Open AIはガイドラインの中で、自社APIを使った製品について「〇〇GPT」「〇〇 with GPT-4」「〇〇AI by Open AI」「ChatGPT-powered 〇〇」といった表現を避け、「〇〇 powered by GPT-4」「Powered by GPT-4」「Built on(同)」「Developed on(同)」などと表記するよう求めている。

   ギブリー広報に取材した。GenerativeAI(生成型AI)のAPIを活用することが前提の自社サービスの場合は、APIベンダー側のガイドラインや事業方針を順守する。同社では、こうした基本方針をとっているとのことだ。

   3月13日には、電話自動応答サービスを提供するIVRy(東京都台東区)が、指定の電話番号にかけるとChatGPTと音声で会話できるサービス「電話GPT」を発表した。3月23日付リリースによると、「自然言語処理や音声認識技術の社会実装の実現に向け、試験的に特別公開」。リリース時点では、「無料体験デモ」との位置付けで電話番号を公開している。

   また、25日には実業家・西村博之氏を模した「AIひろゆき」と通話できる「ひろゆき電話GPT」というサービスを発表した。こちらも指定の電話番号にかけるとAIひろゆきと話せるサービスで、公開しているナンバーは「無料体験デモ番号」としている。

   IVRy広報に話を聞いた。OpenAIのガイドラインの存在は、プレスリリース配信後に認識。過去に配信したプレスリリースを含め対応を検討しているが、「少なくとも今後は〇〇GPTという名称は使わない方針で考えております」。

   なお同社の「〇〇GPT」シリーズは商用サービスとして提供しているものでないため、現時点では会社としての影響は少ないと捉えているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!