2024年 4月 15日 (月)

「WEBTOON×個人作家」の可能性 現役編集者が予想、次の注目ジャンルは...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
【すばらトゥーン】
スマートフォンで読むのに最適化されたフルカラーの縦読み漫画、「WEBTOON」。韓国発のコンテンツだが、昨今は国産作品の台頭もめざましい。
ナンバーナインが運営するWEBTOON制作スタジオ「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さんをメインパーソナリティに迎え、ツイッターのスペースで「国産のすばらしいWEBTOON作品とホットトピックを紹介する番組」を実施。記事では模様をダイジェストでお届けする。

   第二回は、イラスト・漫画制作会社フーモア(東京都中央区)でWEBTOON事業部の事業責任者を務める井本洋平さんをゲストに迎え、おすすめの国産作品を紹介。後半では「WEBTOON×『個人作家』って実際どうなの?」として、業界のホットな話題を取り上げた。

  • 「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
    「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
  • イラスト・漫画制作会社フーモアでWEBTOON事業部の事業責任者を務める、井本洋平さん
    イラスト・漫画制作会社フーモアでWEBTOON事業部の事業責任者を務める、井本洋平さん
  • 暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~(c)マイクロマガジン
    暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~(c)マイクロマガジン
  • 「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
  • イラスト・漫画制作会社フーモアでWEBTOON事業部の事業責任者を務める、井本洋平さん
  • 暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~(c)マイクロマガジン

アニメにも舞台にも実写映画にもなった大人気作

   二人のおすすめ作品と、選出理由は下記の通り。WEBTOONをよく知らない人に「まずはこれ」と言える一冊(1)と、今アツい一冊(2)を選んでもらった(9:30~)。

■井本さん

(1) 神血の救世主 ~0.00000001%を引き当て最強へ

「WEBTOONの売れ筋を理解した主人公像、ストーリー構成で、これからWEBTOONのシナリオライターをやろうという人は必読。一般的なWEBTOONだと、1話あたり60か70コマのところ、同作は80コマくらいあり、読後の満足度が高い」(井本さん)
2023年5月で1000万ビューを突破した、現代バトルファンタジー「神血の救世主」 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
2023年5月で1000万ビューを突破した、現代バトルファンタジー「神血の救世主」 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9

(2) 暴食のベルセルク ~俺だけレベルという概念を突破する~

「原作は小説。横読み漫画化され、アニメ化も決定。WEBTOON制作にあたり展開を大きく変更せず、できるだけ原作を忠実にビジュアル化し、世界観をしっかり伝えることに特化。小説、横読み漫画、アニメと比較して楽しめる」(井本さん)
「ダークファンタジーらしく、主人公は『暴食』という、悪そうな響きのスキルを持っており、出で立ちも黒ずくめ。『暴食』を使うと反動があり、闇落ちの危うさをはらんでいる。どうなってしまうのか、とハラハラさせられる」(遠藤さん)
「暴食のベルセルク」より。フルカラーだから主人公の成長を感じ取りやすい(c)マイクロマガジン
「暴食のベルセルク」より。フルカラーだから主人公の成長を感じ取りやすい(c)マイクロマガジン

■遠藤さん

(1) ReLIFE

「漫画家・夜宵草さんによる、青春・人間ドラマが楽しめる学園漫画。4年半もの長期連載をしていた作品で、200話以上ある。紙単行本化(シリーズ累計発行部数200万部)、アニメ化、舞台化、実写映画化と、数々の『国産WEBTOON作品初のメディアミックス事例』を達成した」(遠藤さん)

(2) ツギハギミライ

「夜宵草さんによる新連載。国産WEBTOON作品で、同じ作家さんが複数作品を発表し、かつそのどちらもヒットしている例はほとんどない。事情があり、過保護に育てられた主人公が、社会人になってから生まれて初めてハサミを使い、感動する演出が見事。設定を上手く使ったカタルシスを感じさせてくれる」(遠藤さん)
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!